販売中

BIKE TOURING COT TENT

バイクツーリングコットテント

DBT571-GY

コンクリ上でも前室が作れる、バイク乗りのビバークテント

「ビバーク」とは登山やキャンプにおいて予定にない緊急的な野営を意味します。遠方へバイクで旅するロングツーリストに例えると、目的地までの道中のテント泊はバイク乗りのビバークと考えます。野営において必要となるテントにコットが標準で付属するオールインワンパッケージ。ペグダウンできない舗装された環境でも前室が確保できる自立式設計を採用したライダーズ・ビバークテント。

製品画像
バイクツーリングコットテント画像

バイクツーリングコットテント

DBT571-GY

バイクツーリングコットテント画像

【収納袋】

バイクツーリングコットテント画像

【付属品】

バリエーション
取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

コンクリートでも前室が作れる自立構造

コンクリートやアスファルトで舗装された環境下でのテントの設営は、ペグダウンによるフライシートの固定ができません。バイクツーリングコットテントは設営時のペグダウンが不要でフライシートの前室が確保できる自立構造。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴
DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

ペグなしでフライシートが張れる前室用ポール

ペグダウンしなくてもフライシートにテンションが掛けられ、前室が作り出せる独自の前室用ポール。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

テント単体でも前室が確保できる独自機構

グラウンドテープのベルト長を調整することで、コットの有無に関係なくテントの前室が確保できます。

ツーリング用だから必要な安全性と快適性

ロングツーリストが使うテントだから舗装路での設営に配慮した安全対策、ロングツーリングの疲労を軽減する快適性にもこだわりました。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

反射素材(リフレクター)

車のヘッドライトに反射するリフレクターをテント前後入口に採用。車両へテントの存在をアピールし事故を未然に防ぎます。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

自立するベンチレーション

フライシートに2箇所もうけられたベンチレーション。太いウレタン芯材を使い、しっかりと通気します。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

巻き上げられるスカート

フライシートのスカートは冬場は冷気の侵入を遮断し、夏場は巻き上げて固定すると通気性が高められます。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

前後どちらからでもアクセスできる居室

前後対称に設計されたインナーテントは、メイン前室側からでも後部前室側からでも居室に入ることができます。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

圧迫感を感じさせない天井高

ソロテントにありがちな圧迫感を軽減するために高く設定されたテント高。天井にはメッシュ棚が備わります。

テント&コット・テント・コットから選べる

テントのインナーテント底面にコットが接続でき、コットを利用しながらもインナーテント内部の居住空間を圧迫しません。またコットとテントは個別に利用ができ、状況に応じて必要な用品だけ持ち出せば、キャンプ用品を軽減できます。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴
DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

テント&コット 利用

重量:4.8 Kg ※解説のためフライシートを外しています。ペグダウンなしで前室が確保できます。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

テント 単体利用

重量:2.35 Kg ※解説のためフライシートを外しています。ペグダウンなしで前室が確保できます。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

コット 単体利用

重量:2.45 Kg

バイクに積載するための多彩なギミック

バイクツーリングコットテントはツーリングに特化したバイク用テント。バイク用である以上、バイクへの積載は必須条件であり、パッキングに配慮した機能が充実しています。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴
DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

単体でも固定しやすい専用収納袋

キャリーバッグの随所には荷掛けストラップが経由できるデイジーチェーンを設けます。キャリーバッグ単体での積載に配慮しました。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

サイドケースに分けて収まる分割収納袋

テント、コットそれぞれのパーツが専用の収納袋で分割されており、サイドバッグの左右にバランス良く分割収納できます。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴の補足

はみ出ない仕舞寸法45cm

多くのテントが仕舞い寸法50cmを超過するのに対し、45cmとコンパクトに収まります。バイクの荷台からのはみ出しを最小限に抑えます。

耐水圧2000mmの快適性

20Dナイロンの軽量フライシートは、ツーリングシーズンのテント内の通気性と防水性を両立できる耐水圧2000mmを採用。
※耐水圧が高いほど空気を通さないため、結露もしやすくなります。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 主な特徴
製品特徴 FUNCTION
各部の特徴
DBT571-GY バイクツーリングコットテント 各部特徴画像

軽量アルミ・ポール

折りたたみ構造の三叉ポールと前室用ポール、コットのポールは、アルミの質感も美しいゴールドカラー。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 各部特徴画像

軽量アルミ・Yペグ

7009アルミ製のYペグ。赤いリフレクトロープをつけた目立つゴールドカラーは、キャンプサイトにペグを残さないための工夫です。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 各部特徴画像

カラード・ストームロープ

ストームロープには、リフレクター(反射材)を織り込んだカラードロープを採用しています。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 各部特徴画像

簡単操作のクイック自在

ストームロープの調節は、ギザギザの溝にロープを入れるだけ。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 各部特徴画像

天井メッシュネット

インナーテントの天井部にはメッシュシートが取り付けられ、ランタンや小物などが収納できます。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 各部特徴画像

寝室ポケット

メガネやスマートフォンなど、スグに手に取りたいものを入れるポケットを、頭側につけました。

DBT571-GY バイクツーリングコットテント 各部特徴画像

パーツ別の収納袋

キャリーバッグ、テント・フライシート用収納バッグ、コット脚部収納バッグ、コット収納バッグ、ペグ収納バッグ。小分け収納にも便利な各収納袋。

使い方 HOW TO USE
組立方法(動画)
組立方法(画像)
バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

コット脚部パーツは曲がることによって荷重を分散する構造です。そのため、初期状態では組み立てが固い場合がございます。脚部パーツA(樹脂パーツ)を奥まで接続し、脚部パーツB(ポール)の中央付近をしっかりつかんで、弓を引くようにポールをしならせて、反対側の脚部パーツAをはめてください。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

1.脚部パーツAに脚部パーツBを差し込み、ねじってスリットの位置を揃えます。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

2.コット生地の両端にフレームポールを挿入し、入口を面ファスナーで固定します。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

3.脚部パーツをコット用フレームポールの片側(1)に接続し、脚部パーツの中央を持ち上げながら(2)に接続します。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

4.インナーテントを広げ三叉ポールの先端をグロメットへ一緒に差し込みます。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

5.インナーテントのフックを三叉ポールに取り付けます。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

6.インナーテントとコットを接続します。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

7.前室用ポールとグラウンドテープを接続し、テントの中央に取り付けます。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

8.前室用ポールにインナーテントのフックを取り付けます。

バイクツーリングコットテント組立方法(画像)画像

9.フライシートをかぶせインナーテントのグロメットを差し込み、前室ポールの両端のバックルを接続し固定します。

画像 PHOTO
製品画像
バイクツーリングコットテント画像

バイクツーリングコットテント

DBT571-GY

バイクツーリングコットテント画像

【収納袋】

バイクツーリングコットテント画像

【付属品】

スペック SPEC
製品サイズ
DBT571-GY バイクツーリングコットテント サイズ画像

スペック
カラー グレー
希望小売価格 オープンプライス
原産国 中国
サイズ (約) W248 × L(D)235 × H125 cm
(コットサイズ:W63※コット脚部含まず × L(D)206 × H12 cm)
インナーサイズ (約) W74 × L(D)209 × H112 cm
収納サイズ (約) W45 × L(D)20 × H20 cm
製品総重量(付属品含む) 5.1 kg(コット単体:2.45 kg、テント単体:2.35 kg)
収容可能人数 ソロテント(1人用)
耐水圧 フライシート:PU 2,000mm
インナーテントフロア:PU 5,000mm
静止耐荷重 コット:80kg
材質 フライシート:ナイロン
インナーテント:ポリエステル
コット生地:ポリエチレン
キャリーバッグ:ポリエステル
ポール・ペグ:アルミ
脚部パーツ:ナイロン樹脂
付属品 グラウンドテープx1
天井メッシュx1
ペグx10
ストームロープx4
テント用収納バッグx1
コット用収納バッグx1
コット脚部用収納バッグx1
アクセサリー収納バッグx1
キャリーバッグx1
JANCODE 4589946146936
お客様に別途ご用意いただく必要がある工具 ペグハンマー
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • 本製品とその他のDOPPELGANGER製品には、互換性や適合性の可否があります。ご購入前に必ず各製品のサイズや仕様をご確認ください。
  • 当サイトに記載されている製品の外観・仕様は開発中または改良のため、予告なく変更することがあります。そのため実際の製品と異なる場合があります。
  • 二輪車へのキャリーバッグ取り付けは車両が倒れないように平坦な場所で行ってください。
  • 過積載や片寄った積み方はしないでください。キャリーバッグが変形・破損するほか、転倒などの事故につながる恐れがあります。
  • 走行前点検時に各部取り付け箇所の緩みがないか確認してください。走行中に部品がはずれ、事故につながる恐れがあります。
  • 法定速度以上での使用はお避けください。
  • 高温・多湿の環境で、長時間他の素材と密着させると、色移りが生じる可能性があります。
  • テントの近くや内部で火気を使用しないでください。火災や一酸化炭素中毒などの原因となり大変危険です。
  • 強風などの荒天時での利用は、必ずペグダウンを行ってください。
  • 脚部パーツの取り付けは必ず手袋を着用してください。
  • コット脚部パーツは曲がることによって荷重を分散する構造です。そのため、初期状態では組み立てが固い場合がございます。 脚部パーツA(樹脂パーツ)を奥まで接続し、脚部パーツB(ポール)の中央付近をしっかりつかんで、弓を引くようにポールをしならせて、反対側の脚部パーツAをはめてください。

※製品マニュアルでストームロープはアクセサリー収納バッグに収納と記載がありますが、フライシートに取り付けられた状態で出荷しております。

よくあるご質問
更新情報
  • 2021/4/27 製品ページを公開しました。
バリエーション
取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

メディア掲載 MEDIA

メディア掲載情報はありません。

別売オプション OPTION

このページが気に入ったらいいね!しよう