販売中

TARPAULIN SEAT BAG TOUR

ターポリンシートバッグ ツアー

DBT611-BK

型崩れしない55Lの防水空間。旅コンセプトのシートバッグ「ツアー」。

「不便を楽しむのがキャンプ!」そうは言っても、道具が不便では辛いばかり。これ1つでソロキャンプの必需品全てが収納できます。ツーリングからお家まであらゆるシーンを考えた、レインカバーの要らない防水シートバッグです。

製品画像
ターポリンシートバッグ ツアー画像

ターポリンシートバッグ ツアー
DBT611-BK

ターポリンシートバッグ ツアー画像

折りたたみ時

ターポリンシートバッグ ツアー画像

【付属品】
固定用ベルト、ショルダーベルト、インナーボックス

バリエーション
取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

テントも入る、シェラフも入る、大容量55リットル。

絶対濡らしたくないダウンシェラフやソロ用テントの収納に対応(インナーボックス有効内寸60cm)。キャンプツーリングに必要なアイテム全てを、防水空間に収めることができます。55Lの大容量を確保しつつ、バイクの運転の邪魔になるリアシートからのはみ出しをできるだけ抑えて設計しました。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴
DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴の補足

大容量でも厚みは「並」

30L級のシートバッグと厚みは変わらないので、シートからのはみ出しが少なく余裕をもって乗車できます。

荷崩れを防ぐバッグの骨格「インナーボックス」。

大容量のツーリングバッグは必然的にパッキング重量が重たくなります。この重量をバイクへしっかりと装着し、バイクからの振動を吸収するため、組み立て式のインナーボックスを採用。隙間のできにくい四角いボックスが荷崩れを防ぐ骨格になります。※インナーボックスの組み立て方は取扱説明書をご覧ください。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴
DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴の補足

インナーボックスの断面

PEボードをEVAクッションではさみ、ボックスの成形材として強度とクッション性を持たせています。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴の補足

抜いてたたんでペシャンコ収納

インナーボックスを抜けばたたむことができるバッグ本体。シーズンオフの置き場所はできるだけコンパクトに。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴の補足

分解できるインナーボックス

ボックスの各パネルは、底面×1、側面(長)×2、側面(短)×2、仕切り×1で構成されており、面ファスナーで接続できます。

その全てが機能的。「フローティングトップフラップ」。

「ツーリングでジャケットをちょっと挟む場所が欲しい」「入りきれない荷物やサブバッグを固定したい」といった時のために、フラップ自体をコンプレッションパーツに利用して荷物を追加固定できる独自設計。バッグ本体との間に荷物を固定できる機能パーツです。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴
DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴の補足

濡れないとこに防滴ファスナー

内部が全て防水ポケットとして使えるトップフラップ。フラップの裏に防滴ファスナーがあるので、雨の直撃を受けません。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴の補足

ドッペルギャンガーGフックで簡単開閉

フラップのループにGフックを引っ掛けるだけの簡単操作。深い爪がしっかりフッキング。開閉のストレスをできるだけ減らします。

ドロや雨に強い、360°防水ターポリン。

突然の雨やタイヤがはね上げる泥水。バイクの乗車シーンを想定し、上下左右360°あらゆる方向の飛沫から、内容物を汚さず手入れも簡単なターポリン素材を採用。レインカバー不要で急な雨でも荷物は安心です。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴

大きなスペース大きな荷物。だから広い開口部

荷物の多さに比例してパッキングの手間はかかるもの。入り口が狭いと長尺の荷物が入らずにイライラするなんてことも。シートバッグツアーは全長62cmの広い開口部を持ち、出し入れのストレスを減らします。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴
DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴の補足

グローブ対応の大型ファスナープラー

冬物のグローブをしたままでも掴みやすい、ロゴ入りのオリジナルのファスナープラー。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴の補足

ロールトップ構造でガッチリ防水

巻き返すことで雨の侵入を防ぐロールトップ構造。巻き数によって容量の調整も可能です。

固定ベルト標準装備で、すぐに使える、すぐに走れる。

本体のバックルと接続するだけでバイクに装着できる、専用の固定ベルトが2セット付属。バッグ本体をリアシートへガッチリと4点固定。固定用ベルトはツーリングコードとして単体でも使えます。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 主な特徴
製品特徴 FUNCTION
各部の特徴
DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 各部特徴画像

ドッペルギャンガーGフック

25mmベルト対応のオリジナル設計された肉厚Gフック。深い爪がしっかりフッキング。ベルト調節スライダーのカーブが、ベルトをガッチリ固定します。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 各部特徴画像

ハンドグリップ

バッグをリアシートへ上げ下ろしするのに必要なグリップを前後に装備。携行用のグリップとしても使えます。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 各部特徴画像

ショルダーストラップ

着脱式のショルダーストラップが付属。玄関から駐輪場、バイクからキャンプサイトまでの移動に必須の装備です。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 各部特徴画像

大径Dリング

内径3.8cmのDリング。市販のツーリングコードのバックルも通すことができるので、固定ベースとしても使えます。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 各部特徴画像

デイジーチェーン

アクセサリーを接続したり、固定用のツーリングコードを通したりするデイジーチェーン。中央部とグリップ下の2段があり、バッグの前後両方に装備。

DBT611-BK ターポリンシートバッグ ツアー 各部特徴画像

ベルトリールバンドで余ったベルトを処理

取り付けベルト端に付属するベルトリールバンドを使ってベルトのあまりを巻きげることで、走行風によるバタツキを抑えることができます。

使い方 HOW TO USE
バッグの装着方法

※固定用ベルトを車体へ取り付ける際、ベルト先端のバックルが本体側の固定用バックルと対応するよう、バックルの向きにご注意ください。

ターポリンシートバッグ ツアーバッグの装着方法画像

1. 固定用ベルトを車体フレームに取り付け、バッグ本体の固定用バックルに接続します。(左右)

ターポリンシートバッグ ツアーバッグの装着方法画像

2. 固定用ベルトをリアフックまたはリアキャリアに取り付け、バッグ本体の固定用バックルに接続します。(左右)

ターポリンシートバッグ ツアーバッグの装着方法画像

3. バッグ本体をシート上でもっとも安定する位置に調整して固定します。

画像 PHOTO
製品画像
ターポリンシートバッグ ツアー画像

ターポリンシートバッグ ツアー
DBT611-BK

ターポリンシートバッグ ツアー画像

折りたたみ時

ターポリンシートバッグ ツアー画像

【付属品】
固定用ベルト、ショルダーベルト、インナーボックス

サイズ感イメージ
ターポリンシートバッグ ツアー画像

HONDA / Rebel250

ベルトリールバンドの使い方

前方固定ベルトと後方固定ベルトには、バッグ装着後に余ったベルトを束ねられる機能があります。走行時に余ったベルトのバタつきを抑え、バッグ装着状態での走行安全性を高めます。

ターポリンシートバッグ ツアーベルトリールバンドの使い方画像

1. ベルト先端に備わる面ファスナーを展開します。

ターポリンシートバッグ ツアーベルトリールバンドの使い方画像

2. 面ファスナーを展開した状態で、余ったベルトを巻き上げます。

ターポリンシートバッグ ツアーベルトリールバンドの使い方画像

3. 巻き上げた余りのベルトを面ファスナーで束ねます。余ったベルトが固定され、走行時のバタつきを抑えます。

スペック SPEC
スペック
カラー ブラック
希望小売価格 オープンプライス
原産国 中国
サイズ W62 ×L(D)32 ×H36cm
製品総重量(付属品含む) 3.75kg
容量 55L
最大積載重量 15kg
材質 ターポリン
付属品 固定用ベルト× 2SET、ショルダーベルト× 1、インナーボックス× 1
JANCODE 4589946148053
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • 本製品とその他のDOPPELGANGER製品には、互換性や適合性の可否があります。ご購入前に必ず各製品のサイズや仕様をご確認ください。
  • 当サイトに記載されている製品の外観・仕様は開発中または改良のため、予告なく変更することがあります。そのため実際の製品と異なる場合があります。
  • 過積載や片寄った積み方はしないでください。バッグが変形・破損するほか、転倒などの事故につながる恐れがあります。
  • 走行前点検時に各部取り付け箇所の緩みがないか確認してください。走行中に部品がはずれ、事故につながる恐れがあります。
  • 法定速度以上での使用はお避けください。
  • 車体の形状によっては適切に固定できない場合があります。製品寸法をご確認の上お求めください。
  • 本製品は防水加工を施しておりますが、完全防水仕様ではありません。雨天時での長時間の使用や雨量などによって浸水する場合があります。
  • 高温・多湿の環境で長時間、他の素材と密着させると、色移りが生じる可能性があります。
よくあるご質問
更新情報
  • 2021/7/19 製品ページを公開しました。
バリエーション
取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

メディア掲載 MEDIA

メディア掲載情報はありません。

別売オプション OPTION

このページが気に入ったらいいね!しよう