さらなる快適性をプラスした、次世代シティーサイクルのニューフェース。

次世代を担う”シティサイクル”をテーマに開発された"330 ROADYACHT"から、さらに走行性と快適性をプラスしたハイエンドモデル330C(コンフォート)登場。タウンユースミニベロの既存概念を打ち破り、さらに独自の進化を遂げ完成した、まったく新しいシティーサイクルの第二弾が始動します。

[ 330C-BK(ブラック)]

[ 330C-WH(ホワイト)]







オープン価格
全長:1550 mm、 重量:17.5 kg、 フレーム材質:スチール
フレームカラー:
330C-WH : Santorini (サントリーニ)
330C-BK : Chat Noir (シャ・ノワール)

当社出荷時組み立て状態:85%

自転車の性能を十分に引き出し、安全かつ快適にお乗りいただくためには、自転車の正しい理解と利用が必要です。 またブレーキや変速機などの初期の点検・調整を行うこと、スポーツ車特有の特性と注意事項を把握することが非常に重要です。 製品のご購入に際しては、安心・安全、アフターフォローが万全なプロの販売店でのご購入・初期調整をおすすめします。 インターネットショップ等で購入される場合、とくに記述がない限りはご自身、あるいはお近くの自転車店等に持ち込み、組み立て・初期調整を行う必要があります。 ご購入方法によらず、日常的な乗車前点検のほか自転車整備有資格者のいる店舗にて定期的に点検をうけるなど、より長く安全に製品を利用できるように適正な取り扱いが求められます。








使い方はアイディア次第、目指したのは普段使いを極める、
ニュータイプバイシクル。







- F E A T U R E S -

シティーサイクルの使い勝手の良さを最大限に活かした、
オシャレでかわいい、シティーバイクのあたらしいカタチ。


街を彩るオリジナルフレーム

ファッショナブルなスタイルで毎日を楽しくする。


あたらしい積荷スタイル

フレームに荷物を載せる、今までにない積荷スタイル。


スイスイ走って長距離も楽々

ちょっと遠くへの買い物も苦にならない走りが魅力。


シティー車の利便性をそのままに

柔らかく幅広のサドルと、サスペンションで快適な乗り心地。





     

- ペダリングを妨げない画期的なミッドキャビン形状 -

     

FRONT

従来の自転車にはない、約20リットルの大容量荷物スペースを股下に確保しています。


OUTLOOK

キャビン後方が内側にシェイプする形状は、ペダルを漕ぐ姿勢を考えて設計されていますので、膝やくるぶしがフレームに接触することはありません。


乗車イメージ(前方)

一般的なミニベロと比較
(当社製品:20インチ折りたたみ自転車202)



乗車イメージ(俯瞰)

一般的なミニベロと比較
(当社製品:20インチ折りたたみ自転車202)

- L I N E U P -

あなたのファッションを引き立てる。
主張しすぎないブラックとホワイトの2色をラインナップ。
お洒落で快適な自転車ライフを楽しもう。






- Related product -

あなたのライフスタイルに合わせて選べるシリーズ展開。





- DESIGN CONCEPT -

「DOPPELGANGER 330C ロードヨット」を側面から見ると、そこには特徴的なラインが存在することに気づきます。
ヘッドチューブからリアフォークにへと向かい流れるラインは「ウインド・トーク(Wind Talk)」と呼ばれ、DOPPELGANGER 330C ロードヨットのアイデンティティを形成しています。 このラインはDOPPELGANGERデザインチームが330/330C/350共通のデザインアイコンとして持たせるべく試行錯誤を繰り返したものであり、その名の通り風に乗って海上を滑るように走るヨットのイメージを自転車のフレームに重ねあわせたもの。 この「ウインド・トーク(Wind Talk)」は、ロードヨット最大の特徴でもある”ミッドキャビン”を取り囲むように配置され、他のどの自転車にもない独特の印象を作り出しています。

画像 左=DOPPELGANGER 350 右:DOPPELGANGER 330







DOPPELGANGER自転車は、JIS(日本工業規格)で規定するフレーム強度試験に合格しています。
詳しくはこちらを参照ください。


おすすめアクセサリー

SHOP

SERIES LINE UP