駐輪後約10秒で保護できる。手間も時間もかけずに愛車を守るバイク用シェルター。

希望小売価格:
DCC374L-BK:35,000円+税
DCC374M-BK:27,000円+税

ストレージバイクシェルター2(Mサイズ)
DCC374M-BK

ストレージバイクシェルター2(Lサイズ)
DCC374L-BK


屋外保管が必要なバイクや自転車はより保管方法に注意を払う必要があります。特に劣化を促進する大きな要因は、紫外線や、ホコリ、湿気などが考えられ、屋外に保管することで劣化の影響を受けやすくなります。ストレージバイクシェルターは屋外の保管でも強力にバイク、自転車をガード。簡易的なガレージの役割を果たします。また開閉もかんたんで、バイク/自転車カバーのような装着させる手間もかかりません。

屋外保管のリスク要因をシャットアウト

愛車(バイク)をいつまでも美しく快調に維持するためには日頃のバイクの保管環境が非常に重要です。操舵部や乗車部、電装部やエンジンなど、ほぼ全てが露出状態のバイクは、自動車と異なり非常にデリケートな乗り物。しかし日本の住宅事情はバイクの駐輪場が少なく、設備が良いところでも屋根付きのサイクルポートでの駐輪が多く保管環境としては最適とは言えません。ストレージバイクシェルターは屋外保管における駐輪時の手間はもちろん、労力もかけずに、あなたの愛車を様々な要因から守ります。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP 車載イメージ
紫外線防止
屋外保管で長時間直射日光にさらされると、紫外線によって樹脂カウルやゴム部品の硬化、色あせを加速させます。バイクも人間と同じく日焼け対策は必須です。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP 室内保管イメージ
雨風防止
バイクは金属の塊。雨を受けるともちろんサビが発生します。また風によって運ばれるホコリや小さなゴミが、車両の細かい部分に入り込むと、機能不全の原因につながります。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP 大型荷物の収納イメージ
盗難防止
バイクを裸で駐輪していると通りがかる不特定多数の人の目に触れ、盗難のターゲットになる可能性が高まります。単純に目立たなくするだけでも盗難抑制に効果的です。

バイクの保管は約10秒、エンジンの冷却待ちはいりません

愛車を屋外保管しているバイカーなら、誰もが経験したことがあるバイクカバーかぶせるの面倒問題。カバーが大きく前後がわかりにくく被せにくい、そしてエンジンが冷めないとカバーができない事だと考えます。ライダーはエンジン冷却を自宅で待機することになりますが、一旦家に入ったが故に「寒い」「暑い」といった季節要因に加えて「面倒くさい」「駐輪場遠い」といった心理的作用も働いて面倒さはさらに倍増。結果「寝てしまった」「明日でいいや」とバイクを放置してしまうこともしばしば。ストレージバイクシェルターはエンジンの冷却なしで瞬時にバイクの保管が行え、屋外保管で生じる労力と時間を大幅に軽減。日々奮闘しているバイクカバー問題から開放されます。

個性と利便性をプラスしたオリジナルの機能

バイクシェルター2は一般的な屋外保管用バイクガレージにはないオリジナルの機能をそなえます。旧モデルより、バイカー目線での製品改良に加えてデザインの独自性を追求。外見に大きな変更点を加えず、露出しない部分に大幅な改良を行ったバージョンアップモデルです。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP 車載イメージ
開閉用ハンドル
かがまずにシェルターを開閉できる開閉用ハンドルを左右中央3ヶ所に設置。腰痛の要因となる姿勢を回避できます。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP 室内保管イメージ
レッドフレーム
スチールポールを赤色に着色しシェルターの内部構造が把握しやすく、夜間の駐輪時にバイクの停車位置やアンダープレートの視認性が向上します。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP 大型荷物の収納イメージ
ツートーンカラー
シェルターは天面と側面を異なるグレートーンで構成。夜間目立たせない配色を選択しながら、デザイン性も兼ね備えます。

サイズ別の収納イメージ

様々なバイクのカテゴリーや収納時のサイズ感が選択できるMとLの2サイズをご用意。Mサイズはスクーターやネイキッドバイクをコンパクトに保管できる省スペース設計。Lサイズはパニアを装備するアドベンチャーを始め、アメリカンバイクの保管にも対応する大型設計。

【 DCC374M-BK(Mサイズ)収納イメージ 】

輪行キャリングバッグ DCB429 16インチ折りたたみ自転車 収納イメージ
ミドルスクーター
輪行キャリングバッグ DCB429 20インチ折りたたみ自転車 収納イメージ
クォーターネイキッド
輪行キャリングバッグ DCB429 20インチ折りたたみ自転車 収納イメージ
自転車 2台(ロードバイク)

【 DCC374L-BK(Lサイズ)収納イメージ 】

輪行キャリングバッグ DCB430 26インチ折りたたみ自転車 収納イメージ
ビッグネイキッド
輪行キャリングバッグ DCB430 700c折りたたみ自転車 収納イメージ
アドベンチャーツアラー
輪行キャリングバッグ DCB429 20インチ折りたたみ自転車 収納イメージ
自転車 3台(ロードバイク)

機能 / 特徴

輪行キャリングバッグ DCB429 バッグのサイズイメージ
高い防水性、強固な素材
強固で防水性にも優れた耐水圧2,500mmの600Dポリエステル素材を採用、また裏面にはPUコーティングを施しています。※完全防水ではありません。
輪行キャリングバッグ DCB430 バッグのサイズイメージ
大型メッシュウインドウ
本体両サイドにはメッシュウィンドウを配置。旧モデルよりベンチレーションのサイズを10%大きく改良。フラップはトグルボタンで固定でき効率的に換気が行えます。
輪行キャリングバッグ DCB429 バッグのサイズイメージ
前部ベンチレーション
密閉されたシェルター内ではメッシュウィンドウのみでは効率的に空気が循環しない可能性があります。そのため前部開閉部分は隙間をつくり、自然換気する仕様になっています。
輪行キャリングバッグ DCB429 バッグのサイズイメージ
盗難防止用ロック取付部
本体片側の底面ポールにはロックホールを配置します。フレームのロックホールに南京錠を取り付けることで車体を盗難の危険から守ります。※南京錠は付属しません。
輪行キャリングバッグ DCB429 バッグのサイズイメージ
アンダープレート
シェルター内部底面にはバイクの自重でシェルターが固定できるアンダープレートを装備。
輪行キャリングバッグ DCB429 バッグのサイズイメージ
ペグ付属
常設や強風対策のためのペグを標準付属。地面に直接固定する事で突風などからシェルターを守ります。
輪行キャリングバッグ DCB429 バッグのサイズイメージ
3点パニア対応(Lサイズ)
パニアバッグを3点装備するツアラー系バイクも収納できる幅広設計。
※バイクの種類によって収納できない場合があります。寸法図をご参考ください。

製品仕様

サイズ DCC374M-BK:W270 x D105 x H156cm
DCC374L-BK:W355 x D137 x H196cm
重量 DCC374M-BK:19.8kg
DCC374L-BK:26.5kg
カラー グレー × ブラック
材質 ファブリック:600Dポリエステル(耐水圧 2,500mm)
フレーム:スチール
JAN CODE DCC374M-BK:4589946138863
DCC374L-BK: 4589946138870
梱包サイズ DCC374M-BK:W28 x D111 x H16cm
DCC374L-BK:W28 x D111 x H19cm
梱包重量 DCC374M-BK:21.3kg
DCC374L-BK:28kg

組み立て方法

【 DCC374L-BK(Lサイズ)の組み立て方法 】

輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 1.本体左右の支柱台座の各ポールに延長ポールを接続します。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 2.シェルター天面のポールは3つのパーツを組み合わせ、合計7本組み立てます。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 3.支柱台座に底面ポールはプレートネジ穴が上に向くように取り付けます。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 4.支柱台座にロック用の板プレートを凸面を内面に台座の外側に取りつけます。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 5.シェルター前方のポールにロックリングを挿入し、リングストッパーボルトを取り付けます。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 6.シェルター最前部のポールを除き、左右の支柱に天面ポールを接続していきます。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 7.シェルター後方の左右底面ポールと2番目のポールへ接続ポールを取り付けます。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 8.シェルター後方の底面ポールの上にプレートをのせ、左右をナットで固定します。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 9.シェルターカバーの最前面のスリーブへ、残り1本の天面ポールを通します。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 10.シェルター最前部の左右底面の支柱にカバー前面のスリーブを通し天面ポールと接続します。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 11.シェルター全体にカバーをかぶせます。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 12.シェルター内部から各天面ポールの側面、中央部を面ファスナーで固定します。
輪行キャリングバッグ DCB429/430-DP バッグ収納方法解説画像 13.シェルター最前面のポール底面のネジ穴に底面用ナットを取り付けます。

寸法図

ストレージバイクシェルター Mサイズ DCC374M-BK 寸法図
【 DCC374M-BK(Mサイズ)】
ストレージバイクシェルター Lサイズ DCC374M-BK 寸法図
【 DCC374L-BK(Lサイズ)】

取扱店

関連製品


この商品を購入する