TOP > お客様サポート > よくあるご質問 > 自転車の盗難防止について

自転車の盗難防止について

自転車を降りてその場から離れる際は盗難対策が必要です。どんな強固なロックを自転車にかけても、時間と手間をかければロックは破壊可能です。 100%自転車の盗難を防げるロックはありませんが、自転車盗難を抑制するロックの選び方・掛け方はあります。用途に応じたロックを準備し、万全の防犯態勢を取りましょう。

■1分に約1件の自転車盗難が発生?

警視庁の調査によると、平成24年における自転車盗難の認知件数(※盗難届を出してない被害は含めない)は303,475件にものぼります。
平成14年から被害件数は減少傾向にありますが、自転車の盗難件数は自動車の約14倍、バイクの約5倍で、およそ1分に1台盗難されている計算になります。
H24自転車盗難件数

 

また盗難された自転車の約4割は、施錠していたにも関わらず盗難被害にあっています。これらは鍵の脆弱性に由来する盗難です。
自転車の大半を占めるシティサイクル(いわゆるママチャリ)に標準装備された馬蹄錠には、プレス式とシリンダー式が存在します。その中でもプレス式は容易にピッキングされてしまうので注意しましょう。

馬蹄錠
 

■まずはじめに防犯登録を行う

自転車を購入したらロックの購入も必要ですが、自転車が盗難された場合の事を考え、必ず防犯登録を行いましょう。 防犯登録を行っていれば、盗難にあった際、警察に被害届を提出することが可能になります。 万が一に備え、自転車の“防犯登録番号”と“車体番号(シリアルナンバー)”は控えておきましょう。

〔FAQ:防犯登録について〕http://www.doppelganger.jp/support/faq_answer/51.html
 

■自転車駐輪時のロックのポイント

1.自転車専用の駐輪場を利用する
盗難防止のため、自転車を駐輪するときはできるだけ駐輪場を利用し、必ずロックをしましょう。監視カメラや管理人がいる駐輪場であれば、ロックと監視による相乗効果で盗難抑制が期待できます。
また自転車放置禁止区域に駐輪する事は絶対にやめましょう。盗難の前に、放置自転車とされ撤去されてしまいます。

 

 

2.自転車を地球ロックをする
自転車を地面に固定された構造物にロックする“地球ロック”は、盗難を困難にする最も有効な施錠方法です。地球ロックをする構造物は、工具での破壊が容易でないものを選びましょう。金網フェンスの金網部分などは地球ロックの意味がありませんので注意しましょう。
地球ロック

 

 

 

 

3.地面近くでロックしない
強固なロックで自転車を地球ロックしても、地面近くではロックを破壊されてしまう可能性があります。テコの原理を利用し、ロックをワイヤーカッター等で切断されてしまうと、自転車は簡単に盗難されてしまうので注意しましょう。
間違った地球ロック

 

 

 

 

■ロックの種類

 

 

当社でも様々な種類のロック製品を用意しています。

自転車ロック DKL101-BK ダイヤルコンボワイヤーロック
〔ダイヤルコンボワイヤーロック〕

携帯性と柔軟性の高い定番の自転車ロックです。
ダイヤルロック採用によりピッキングによる自転車盗難を防止します。

 

 

 
自転車ロック DW-03 ブレードロック
〔ブレードロック〕

多関節スチールブレードを樹脂でコーティングした強固な
自転車用ロックです。ワイヤーカッターでの切断が困難なため、
盗難防止に非常に効果があります。
ロック本体を自転車のボトルケージ取りつけ箇所に装着可能です。

 

 

”自転車ロック DKL121-BK ダイヤルコンボリフレクトチェーンロック
〔ダイヤルコンボリフレクトチェーンロック〕

強靭さ・安全性・手軽さを兼ね備えた、高機能な5桁のダイヤルロックです。頑丈なスチール製チェーンを採用していながら、持ち運びにも楽チンな軽量設計です。
 
 

 
 
自転車ロック DKL151-BK/GD カラビナロック
〔カラビナロック〕

キー不要のダイヤル式ロックです。ロッキングナンバーは安心の4桁設定。手のひらサイズのコンパクトさで、タイヤやサドルなどのパーツロックにも力を発揮します。
 

 

 

■自転車から離れる時間に応じてロック方法を考える

〔自転車を短時間駐輪する場合のロック方法〕
どんな短時間でも、自転車から目を離す際には盗難の危険性がつきまといます。このパターンでは突発的な乗り逃げが多いため、短時間であっても必ず自転車にロックをしましょう。携帯しやすい小型のロック製品がオススメです。

 

 


〔自転車を長時間駐輪する場合のロック方法〕
自転車を半日以上止めておく際は、複数のロックを使いましょう。長時間駐車の盗難の場合には計画的な犯行が多いため、通常のワイヤーロック単体による施錠だけでは被害に合う危険性が高いと言えます。 自転車の前後タイヤ(特にクイックリリース採用車)のロックと、フレームの地球ロックを並行しましょう。また自転車本体だけではなく、ライトやサイクルコンピュータなどのバイシクルアクセサリも盗難される危険性がありますので、必ず自転車から外しましょう。 特に高級なサドルやクランクを使用している場合はそれら単体だけでも盗難対象になるため、ワイヤーロック等でフレームとロックする事で盗難を防ぎましょう。 複数のロックを使用すれば、その分ロック破壊に時間が掛かります。自転車盗難犯は犯行を目撃される事を恐れるため、盗難を防ぐ事に繋がります。
良い地球ロック

 
 

お客様の問題は解決しましたか?
解決した
解決しなかった
FAQコンテンツ改善の為、よろしければ解決しなかった要因をお聞かせください。 ※必須
送信




  • 問題が解決しない場合

  • フォームからお問い合わせ頂く前にご確認ください

  • スムースにご回答させていただくために、次の内容についてご確認のうえ、専用フォームよりお問い合わせください。

  • お客様サポートメニュー
  • このページが気に入ったらいいね!しよう

    このページが気に入ったら
    いいね!しよう