ボトルケージに収まるコンパクト輪行キャリングバッグ

希望小売価格:
3,600円+税

コンパクト輪行キャリングバッグ DCB328-BK 全容1
DCB328-BK(ブラック)
コンパクト輪行キャリングバッグ

コンパクト輪行キャリングバッグ DCB328-BK 全容2
【付属品】


自転車を輪行する際、輪行バッグの収納時と展開時の大きさは非常に重要です。

本製品は収納時の持ち運びやすさ、収納時の大きさをコンパクトにしつつ、様々なフレームサイズを収納できる汎用性と車体収納時の入れやすさに配慮。一般的な700Cクロスバイク・ロードバイクが入る十分な大きさです。

また携帯性・軽量性を重視した設計となっているため軽量な生地を使用していますが、持ち運びの際に生地に応力がかかると、すぐに生地が裂けてしまう(取っ手などが抜けてしまう)ことが懸念されます。
本製品は収納物の応力が生地にかからないよう、収納物つまり自転車に直接ショルダーストラップを装着し、バッグではなく「自転車本体で支える」構造となっています。

ギャラリー


製品特徴

自転車 収納サイズ

様々な車体サイズに適合するように縦幅115cmの大型サイズを採用しています。



本体 収納サイズ

携帯性・軽量性を重視した設計、ボトルケージにも収まるコンパクトサイズです。
(ボトルケージの形状により収納しにくい場合があります。)



開閉フラップ

輪行バッグの中央付近に手を通せるフラップを配置、輪行時フレームを直接手で支え、持ち運びやすくなります。
また収納後カバーを被せた状態でも細かい調整ができます。



高い防水性、強固な素材

軽量ながらも強固で防水性にも優れた耐水圧1,500mmのタフタ(PUコーティング)素材を採用。
さらにリップストップ仕様で生地を裂けにくくしています。
※完全防水ではありません。



底面 保護生地&イラスト表示

荷重が加わりやすい底面の両サイドには厚めのナイロン生地を配置。軽量性を重視しつつ、必要箇所はしっかりと保護できるよう配慮されたデザイン。

さらに自転車を入れる方向を間違わないように、設置方法をイラストで表示しています。



カラビナ付き収納バッグ 付属

携帯時は持ち運びやすいように、輪行時はクイックリリース等の備品をバッグ上部にぶら下げられるようにカラビナがついた収納バッグを付属しています。



製品仕様

サイズ W100 × H200 × D100mm(収納時)
W950 × H1,150 × D190mm(展開時)
重量 約320g(付属品を含む)
カラー ブラック
材質 ポリエステル(裏地 ポリウレタンコーティング)
希望小売価格 3,600円+税
JAN CODE 4589946135121
付属品 タイベルト x 3
ショルダーストラップ x 1
インナーバッグ x 1
カラビナ x 1

輪行バッグ / ラインナップ

輪行キャリングバッグ DB-2 サムネイル 輪行キャリングバッグ DB-4/6 サムネイル マルチユースキャリングバッグ DCB168 サムネイル 伸びる輪行キャリングバッグ DCB298 サムネイル コンパクト輪行キャリングバッグ DCB328 サムネイル
DB-2 DB-4/6 DCB168-BK DCB298-BK DCB328-BK
当社自転車
対応車種※1
20インチ
折りたたみ自転車
(M6/FXシリーズは除く)
700C
折りたたみクロスバイク
20インチ
折りたたみ自転車
大径車全般 700Cロード /
クロスバイク
700Cロード /
クロスバイク
収納サイズ ※2
持ち運びやすさ ※2
車体の入れやすさ ※2
※ ロード・クロスバイクを含む大径車 対応の製品は20インチ等の小径車も収納可能となります。 ※1 車種によっては、ハンドル、ペダル等の突起により、収納時各部パーツを外して収納する必要があります。
※2 上記5種の相対比較で評価

組み立て方法 / 自転車への接続方法



ー転車を逆さに置きます ※1 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説1

∩宛緤兮機をトップギアに設定します。 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説2

A宛緡悗鮗茲螻阿靴泙后 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説3

ぅイックリリースを収納袋に入れます。 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説4

ジ緡悗縫┘鵐俵盒颪鮗茲衂佞韻泙后 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説5

Ε┘鵐俵盒颪話鰐未紡个靴匿眥召棒瀋蠅靴泙后 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説6

Д魯鵐疋襪鯤丗Δ謀櫃靴泙后 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説7

┘侫譟璽爐3カ所に前後リムを固定します。 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説8

バッグ底面のイラストを参考に自転車を収納します。 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説9

輪行バッグ側面の穴にショルダーストラップを通し、チェーンリング側のチェーンステーに固定します。 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説10

片側のショルダーストラップを、ヘッドチューブに取り付け固定します。 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説11

輪行バッグを上部まで覆い※2、ドローコードで締めあげ完成です。 コンパクト輪行キャリングバッグ 取付け方法解説12

※1 ハンドル周りにサイクルコンピューター、ライトなどのアクセサリーがついている場合は外しておきましょう。
※2 鋭利なものに接触した状態で持ち上げると生地が裂ける可能性があります。

輪行前に揃えたいアイテム

より長い間、輪行袋を安全にそして状態良くご使用いただくため、以下のアイテム(別売り)をご用意いただくことを推奨しています。


.┘鵐俵盒

市販のエンド金具(別売)を必ずご使用ください。エンド金具を取り付けずに本製品を使用された場合、ディレーラーやフォークエンドが変形・損傷する可能性があります。

▲船А璽鵐好董璽ード

チェーンがフレームに接触するのを防ぎます。

チェーンカバー

輪行袋にチェーンのオイルが付着するのを防ぎます。

ぅ好廛蹈吋奪肇バー

輪行袋を鋭利なスプロケットから守ります。

ゥ侫譟璽爛バー(緩衝材)

タイヤやフレームが接触する場所に挟むことで傷を防ぎます。市販品でなくともタオルや不要な布などで代用が可能です。

Ε┘鵐俵盒

カーボンフォークの場合は車輪を外すと衝撃に弱くなるため、フロント用エンド金具が必要です。


取扱店

関連製品


この商品を購入する