NEW ARRIVAL
販売中

TARPAULIN HOLSTER BAG 2

ターポリンホルスターバッグ 2

DBT544-BK

手ぶらじゃないけどほぼ手ぶら。長財布も入るバイク用防水ホルスターバッグ。

長財布、スマートフォン、ドリンク、etc、、、意外にかさばるバイク乗りの携行品。収納のための十分な厚みと深さがあって、ライディングの邪魔にならず、そして防水。コンセプトはそのままに、前作からより使いやすく進化したターポリンホルスターバッグ「2」。

製品画像
ターポリンホルスターバッグ 2画像

DBT544-BK
ターポリンホルスターバッグ 2

ターポリンホルスターバッグ 2画像

ボトルホルダー装着時

ターポリンホルスターバッグ 2画像

タクティカルベルト

ターポリンホルスターバッグ 2画像

【付属品】

取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

自然相手に「俺、晴れ男だし」は通じない。だからターポリン防水。

すぐに対処ができない運転中の雨。ターポリン素材のホルスターバッグ2は、そんな厄介な状況でも路面に集中できます。雨水やタイヤがはね上げる泥水から内容物を守って手入れも簡単です。※本製品は防水加工を施しておりますが完全防水ではありません。雨量などによって浸水する場合があります。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴

「コア・ボード・ライナー」採用でより使いやすく。

バッグの型崩れを抑えるPEボード骨格を底面に装備。またファスナーの両脇にも開閉のガイドとなるPEライナーを封入。バッグの底が安定したことで、操作性が大幅に向上しました。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴

縦長なのには理由がある。

バイク乗りの持ち物で、ボディーバッグに入れにくいモノ1位の長財布(ロングウォレット)。ターポリンホルスターバッグ2は長財布が入る深さ21cmの縦長シルエット。バイク乗りの携帯品と使い方に合わせて設計しました。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴
DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴の補足

容量3リットル

スマートフォン、モバイルバッテリーや長財布をはじめ、ツーリングに必要な携行品の収納に十分な容量です。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴の補足

シートバッグに干渉しない

ホルスターバッグは体の横で使用するため、シートバッグ装着時でも干渉せずライディングの邪魔になりません。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴の補足

500mlペットボトルが入ります

出先で買った飲み物も入れられるように、深さと厚みを持たせたボディーサイズ。(500mlペットボトル:高さ20.5cm × 直径6.5cm)

タクティカルベルト

ベルト上にデイジーチェーンを備える多機能ベルト。面ファスナーで76~102cmまで簡単に調節でき、バックルで素早く着脱できます。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴
DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴の補足

ベルトループなしでも装着できる

腰で重さを支えるのでパンツのズレも抑えられ、ベルトループがなくても装着できます。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴の補足

タンクに当たらない

一般的なホルスターバッグにはレッグベルトがあり、ニーグリップするとタンクに当たってキズの原因になりますが、本製品はタンクとの干渉がほとんどありません。

ライダーだって喉は乾く。着脱式ボトルホルダー。

独自設計の着脱式ボトルホルダー。バッグ側面のデイジーチェーンにボトルホルダーを増設できます。収納サイズの調節もできるバスケットタイプで、不要な時は外してスマート仕様に。※ボトルホルダーの装着方法参照

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴
DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴の補足

ボトルホルダー装着時

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴の補足

ボトルホルダー非装着時

ライディングの邪魔にならない専用ポジション

「何故、専用品が必要なのか?」風圧や転倒ダメージに耐えるため、バイクウェアの素材は丈夫で着丈も特殊です。そのためウエストバッグでは、裾がめくれ上がり風を巻き込むなどのストレスが発生します。 ライダーズホルスターバッグ2は装着する高さを変えることでウェアと干渉せず、バイクウェアの性能を損ないません。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 主な特徴
製品特徴 FUNCTION
各部の特徴
DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 各部特徴画像

グローブホルダー

ドッペルギャンガーオリジナルのGフックでベルト保持するグローブホルダー。フロントデイジーチェーンベルトと兼用の機能パーツ。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 各部特徴画像

サイドデイジーチェーン

ボトルホルダーの取り付けベースとなる、側面のデイジーチェーン。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 各部特徴画像

ストラップベルト

面ファスナー開閉の装着用ベルト。バッグとタクティカルベルトの接続用。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 各部特徴画像

ショルダーベルト

付属のベルトを背面のDリングに接続することで、防水ポーチとして使用できます。

DBT544-BK ターポリンホルスターバッグ 2 各部特徴画像

グローブ対応大型ファスナープラー

冬物のグローブをしたままでも掴みやすい、ロゴ入りのオリジナルのファスナープラー。

使い方 HOW TO USE
バッグ本体とタクティカルベルトの接続方法
ターポリンホルスターバッグ 2バッグ本体とタクティカルベルトの接続方法画像

バッグ背面にストラップベルト通す

バッグ背面のデイジーチェーンにストラップベルトを通します。

ターポリンホルスターバッグ 2バッグ本体とタクティカルベルトの接続方法画像

タクティカルベルトも一緒に接続する

1.に続いてタクティカルベルトのデイジーチェーンにストラップベルトを通し、面ファスナーで固定します。

ターポリンホルスターバッグ 2バッグ本体とタクティカルベルトの接続方法画像

本体とタクティカルベルトの接続完了

もう一本のストラップベルトも同様に固定し、バッグ本体とタクティカルベルトを接続します。

ボトルホルダーの装着方法

※ボトルホルダーは容器のサイズに合わせて調整してください。構造上、ゆとりが大きいとボトルが抜ける場合があります。また、ボトルのネックをバンジーコードで固定することでより抜けにくくなります。

ターポリンホルスターバッグ 2ボトルホルダーの装着方法画像

ボトルホルダーを組む

ボトルホルダーのセンターパーツに、ボトルバンドベルトを通します。

ターポリンホルスターバッグ 2ボトルホルダーの装着方法画像

本体と接続

1.に続いてバッグ側面のデイジーチェーンにボトルバンドベルトを通します。

ターポリンホルスターバッグ 2ボトルホルダーの装着方法画像

ボトルホルダーの整形

下のボトルバンドベルトの先端を、センターパーツの先端に通します。

ターポリンホルスターバッグ 2ボトルホルダーの装着方法画像

各部の調整

ボトルホルダーをバスケット状に整え、ボトルバンドベルトの面ファスナーを固定します。

画像 PHOTO
製品画像
ターポリンホルスターバッグ 2画像

DBT544-BK
ターポリンホルスターバッグ 2

ターポリンホルスターバッグ 2画像

ボトルホルダー装着時

ターポリンホルスターバッグ 2画像

タクティカルベルト

ターポリンホルスターバッグ 2画像

【付属品】

サイズ感イメージ

※画像はDBT524-BKです(DBT544-BKと同一サイズ)

ターポリンホルスターバッグ 2画像

HONDA / CBR250RR (MC51)

ターポリンホルスターバッグ 2画像

DUCATI / SCRAMBLER ICON

ターポリンホルスターバッグ 2画像

KAWASAKI / NINJA250 (EX250P)

スペック SPEC
スペック
カラー ブラック
希望小売価格 オープンプライス
原産国 中国
サイズ バッグ:W16×L(D)8×21.5cm
タクティカルベルト:W3.6×L(D)76-102cm
製品総重量(付属品含む) 475g
容量 3L
最大積載重量 2kg
材質 ターポリン
付属品 タクティカルベルト×1、ストラップベルト×2、ボトルホルダー×1 (センターパーツ×1、ボトルバンドベルト×2)、ショルダーベルト×1
JANCODE 4589946148091
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • 本製品とその他のDOPPELGANGER製品には、互換性や適合性の可否があります。ご購入前に必ず各製品のサイズや仕様をご確認ください。
  • 当サイトに記載されている製品の外観・仕様は開発中または改良のため、予告なく変更することがあります。そのため実際の製品と異なる場合があります。
  • 本製品は防水加工を施しておりますが、完全防水仕様ではありません。雨天時での長時間の使用や雨量などによって浸水する場合があります。
  • 高温・多湿の環境で、長時間他の素材と密着させると、色移りが生じる可能性があります。
よくあるご質問
更新情報
  • 2021/7/27 製品ページを公開しました。
取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。

メディア掲載 MEDIA

メディア掲載情報はありません。