走りたい時は固いサドル、普段使いなら柔らかいサドルがいい。
空気の力でいつでも最適なクッションに調整出来るエアチューブinサドル。

希望小売価格:
4,300円+税

カラー:DSC227-BK:ブラック
DSC227-WH:ホワイト
エアチューブサドル DSC227-BK イメージ画像
エアチューブサドル DSC227-BK
(ブラック)
エアチューブサドル DSC227-WH イメージ画像
エアチューブサドル DSC227-WH
(ホワイト)


空気を注入し、サドルのクッションを好みの硬さに調整できる、エアチューブ内蔵型の自転車用サドル。
自転車のサドルは、その自転車に乗車するユーザーの用途や目的によって多種多用な形状が存在します。
ロードレーサーのように走行性能を目的とすれば、肉厚が薄く、軽いサドルが選択され、シティー車のように街乗りを目的とする場合、お尻にやさしい柔らかいサドルが選択されます。
しかしながら、自転車はサドルがひとつしか装備出来ず、サドルを交換するとなれば、いづれかのサドルを選択しなければなりません。
エアチューブサドルはサドル内部にエアチューブを内蔵しており、ポンプさえあればいつでもクッションの調整が可能。
様々な用途に対応する画期的なサドルです。





エアチューブサドル DSC227 エアチューブ内部構造画像

製品特徴

エアポンプでいつでもクッションの調整が可能

サドル背面に設けられるバルブからポンプを用いて空気を注入するとクッションの硬さの調整できます。安定性を求める高速走行時は空気圧を高め、固めのクッションに設定。コンフォートに乗車したい時は、空気圧を低めに調整すると、柔らかいクッションが得られます。



米式バルブ採用

空気注入口のバルブは自動車のタイヤに採用される頑丈な米式バルブを採用。一般的なウッズバルブ(英式バルブ)に比べ強度が高く、空気が抜けにくい構造です。



幅広、肉厚のウレタンフォーム

サドルの表面は標準サドルよりも肉厚が厚く、柔らかいウレタンフォームを採用。自転車乗車時、臀部にかかる圧力を分散し、局所的な負担を軽減します。



通気性を考慮した表面構造

座面中央部には凹みを設け、股関節部の神経や動脈の圧迫を防ぎ、長時間のライディングでも汗で蒸れにくい快適さを実現します。



サドルレール

サドルを固定するレールは、サドル位置の調整に便利なレールスケール(目盛)をプリントします。レールの材質は錆に強いステンレススチール。



オリジナルデザイン

DOPPELGANGER®自転車はもちろん、様々な自転車へのマッチングに配慮したブラックとホワイト2色のラインナップ。
サドルの表皮をつなぐステッチ部(縫製)にはDOPPELGANGERのブランドカラーであるオレンジの糸を一本縫込みなど細部にまでデザインを施しています。



製品仕様

サイズ H76 × L272 × W165 mm
重量 450 g
材質 表皮:PVC
クッション材:ウレタンフォーム
レール幅 43 mm
レール直径 φ7 mm
レール材質 ステンレススチール
希望小売価格 4,300円+税
カラー DSC227-BK:ブラック
DSC227-WH:ホワイト
JAN CODE DSC227-BK:4582474899770
DSC227-WH:4582474899787

パッケージデザイン
エアフィットサドル
DSC-170 おすすめアイテム1
幅広・肉厚のエラストマークッションを搭載したスポーツコンフォートサドル。
タイヤポンプシートポスト
DSP138 おすすめアイテム2
携帯型ポンプとシートポストがドッキング。1本2役のポンプ内蔵型シートポスト。
ハンドポンプ
DAP058/DAP059 おすすめアイテム3
誰でも使えて、どこでも持ち運べる。コンパクト設計マイクロハンドポンプ。

SHOP

SERIES LINE UP