ミドルスクータカバー DCC500-BK 一般のバイクカバーを代用しているミドルスクーターユーザーの為に設計したミドルスクーター専用のバイクカバーのガレージ内のイメージ画像
ミドルスクータカバー DCC500-BK ミドルスクーター専用設計だから一般のバイクカバーでカバーしたときのブカブカな装着感を回避、ミドルスクーター専用バイクカバーの装着イメージ画像
ミドルスクータカバー DCC500-BK スクーターカバーの下にストレッチモーターサイクルカバーを装着することで、さらに愛車を保護できる、バイクの冬眠や長期保管のイメージ画像
ミドルスクータカバー DCC500-BK 一般のバイクカバーを代用しているミドルスクーターユーザーの為に設計したミドルスクーター専用のバイクカバーのガレージ内のイメージ画像
ミドルスクータカバー DCC500-BK ミドルスクーター専用設計だから一般のバイクカバーでカバーしたときのブカブカな装着感を回避、ミドルスクーター専用バイクカバーの装着イメージ画像
ミドルスクータカバー DCC500-BK スクーターカバーの下にストレッチモーターサイクルカバーを装着することで、さらに愛車を保護できる、バイクの冬眠や長期保管のイメージ画像

希望小売価格:
6,500円+税

ミドルスクーター専用設計。
ぴったりフィットのスクーターカバー。

ミドルスクーターにはミドルスクーター専用のカバーを。ガバガバの汎用カバーには我慢できないライダーにおくる、ミドルスクーターのための専用スクーターカバー。

愛車をキレイな状態で保管する事は、バイクの車種やカテゴリを問わず、全てのライダーに共通する想い。なのに人気の高いミドルスクーターには専用設計されたバイクカバーがほとんどありません。軽快かつスタイリッシュ、そして気軽に毎日乗れるミドルスクーターだからこそ大事にしたい。一般的なオートバイ用の汎用設計で作られたカバーを無理に使っているミドルスクーターユーザーに提案する、ミドルスクーターにぴったりの専用設計カバーです。

ミドルスクーター専用設計。ぴったりフィットのスクーターカバー。

ミドルスクーターにはミドルスクーター専用のカバーを。ガバガバの汎用カバーには我慢できないライダーにおくる、ミドルスクーターのための専用スクーターカバー。

愛車をキレイな状態で保管する事は、バイクの車種やカテゴリを問わず、全てのライダーに共通する想い。なのに人気の高いミドルスクーターには専用設計されたバイクカバーがほとんどありません。軽快かつスタイリッシュ、そして気軽に毎日乗れるミドルスクーターだからこそ大事にしたい。一般的なオートバイ用の汎用設計で作られたカバーを無理に使っているミドルスクーターユーザーに提案する、ミドルスクーターにぴったりの専用設計カバーです。



コンセプトタイトル画像

ミドルスクーターには、ミドルスクーター専用カバー。

50ccスクーターよりも大きく、一般的なオートバイよりもリア周りが大きいミドルスクーター。当然ながら一般的なオートバイと車体のシルエットが大きく異なります。そんなミドルスクーターならではの形状を「ぴったり包み込む」ためのクラス専用設計のスクーターカバーがここにあります。

ミドルスクーターにはミドルスクーター専用のカバー。

50ccスクーターよりも大きく、一般的なオートバイよりもリア周りが大きいミドルスクーター。当然ながら一般的なオートバイと車体のシルエットが大きく異なります。そんなミドルスクーターならではの形状を「ぴったり包み込む」ためのクラス専用設計のスクーターカバーがここにあります。

ミドルスクーターカバーは既製品のバイクカバーの機能性を維持、さらに必要な機能を追加してミドルスクーター専用にサイジングを図った専用カバー。寸法、装着イメージ画像

デザインタイトル画像

スクーターには、スクーターだけの個性がある。
スクーターだからこそ必要と考える独自の専用設計。

ミドルスクーター専用設計のバイクカバーをヤマハNMAXに装着したイメージ画像
ミドルスクーター専用設計のバイクカバーをヤマハNMAXに装着したイメージ画像
ミドルスクーター専用設計のバイクカバーをホンダPCXに装着したイメージ画像

アップライトなポジション、車体真下に配置されたエンジンや、大きなシート下のヘルメットイン。一般的なオートバイ用のバイクカバーでは対応しきれない、これらスクーターの特徴を独自の専用設計によってカバー。今まで痒くてたまらなかったところに手が届く。そんなスクーターカバーを目指しました。

ミドルスクーター専用設計のバイクカバーをヤマハNMAXに装着したイメージ画像

スクーターには、スクーターだけの個性がある。
スクーターだからこそ必要と考える独自の専用設計。

アップライトなポジション、車体真下に配置されたエンジンや、大きなシート下のヘルメットイン。一般的なオートバイ用のバイクカバーでは対応しきれない、これらスクーターの特徴を独自の専用設計によってカバー。今まで痒くてたまらなかったところに手が届く。そんなスクーターカバーを目指しました。

ミドルスクーター専用設計のバイクカバーをヤマハNMAXに装着したイメージ画像
ミドルスクーター専用設計のバイクカバーをホンダPCXに装着したイメージ画像

デザインのポイント1タイトル画像

ハンドルロックに対応した立体設計。

スクーターは駐輪時にはハンドルロックをかけることを前提に設計した立体設計、既製品のバイクカバーでは採用されなかった機能をミドルスクーターカバーに採用します

スクーターは駐輪時にハンドルロックをしている。だからハンドルロックの状態でもぴったりフィットする独自の立体設計。

ほとんどのバイクカバーはハンドルをフルロックさせない「正立状態」で設計されているため、フルロックで駐輪するとカバーが大きくねじれてしまいます。このねじれを解消し、不要な生地のだぶつきをなくすために、ミドルスクーターカバーはハンドルロックした状態を前提に立体設計しています。

スクーターは駐輪時にはハンドルロックをかけることを前提に設計した立体設計、既製品のバイクカバーでは採用されなかった機能をミドルスクーターカバーに採用します

ハンドルロックに対応した立体設計。

スクーターは駐輪時にハンドルロックをしている。だからハンドルロックの状態でもぴったりフィットする独自の立体設計。

ほとんどのバイクカバーはハンドルをフルロックさせない「正立状態」で設計されているため、フルロックで駐輪するとカバーが大きくねじれてしまいます。このねじれを解消し、不要な生地のだぶつきをなくすために、ミドルスクーターカバーはハンドルロックした状態を前提に立体設計しています。


デザインのポイント2タイトル画像

センタースタンド・サイドスタンド
どちらの停車でもスタイリッシュ。

スクーターはサイドスタンド、センタースタンドを標準装備することから、それぞれの駐輪スタンドでの駐輪に配慮したフォルム調整機能をサイドスタンド側に採用。今までのバイクカバーになかったミドルスクーター専用の機能です。

駐輪状況に応じて使い分けるスタンド。センター・サイドのどちらのスタンドを使ってもフォルム調整に対応する「パーキングスタイルエクステンション機能」。

ユーザーによって駐輪の状況やスタイルは様々。十分なスペースがなくセンタースタンドで正立させる場合もあれば、サイドスタンドのほうがいい場合もあります。しかし、カバーの寸法をいずれかの駐輪スタイルに合わせれば、一方が合わなくなります。ミドルスクーターカバーは独自の調整機構によって、どちらのスタンドの利用時でもスタイリッシュにカバーできます。

スクーターはサイドスタンド、センタースタンドを標準装備することから、それぞれの駐輪スタンドでの駐輪に配慮したフォルム調整機能をサイドスタンド側に採用。今までのバイクカバーになかったミドルスクーター専用の機能です。

センタースタンド・サイドスタンド。どちらの停車でもスタイリッシュ。

駐輪状況に応じて使い分けるスタンド。センター・サイドのどちらのスタンドを使ってもフォルム調整に対応する「パーキングスタイルエクステンション機能」。

ユーザーによって駐輪の状況やスタイルは様々。十分なスペースがなくセンタースタンドで正立させる場合もあれば、サイドスタンドのほうがいい場合もあります。しかし、カバーの寸法をいずれかの駐輪スタイルに合わせれば、一方が合わなくなります。ミドルスクーターカバーは独自の調整機構によって、どちらのスタンドの利用時でもスタイリッシュにカバーできます。

自転車が万が一転倒してもサイクルトレーラーは自立している安全機構を搭載、トレーラーが共倒れせず二次被害を抑制します

センタースタンド

センタースタンドでの駐輪時は車体を垂直に自立できるため、左右のバイクカバーの全長は同寸法が理想です。カバー左側面に設ける調整ファスナーを開放すると、左右カバーの全長が同じに設定できます。

センタースタンド

センタースタンドでの駐輪時は車体を垂直に自立できるため、左右のバイクカバーの全長は同寸法が理想です。カバー左側面に設ける調整ファスナーを開放すると、左右カバーの全長が同じに設定できます。

自転車が万が一転倒してもサイクルトレーラーは自立している安全機構を搭載、トレーラーが共倒れせず二次被害を抑制します

サイドスタンド

サイドスタンドは車体がスタンド側に傾いた上体で自立するため、スタンド側のカバーの生地に余りができます。調整ファスナーを閉鎖すればスタンド側の全長を縮小でき、生地の垂れ下がりを防止できます。

サイドスタンド

サイドスタンドは車体がスタンド側に傾いた上体で自立するため、スタンド側のカバーの生地に余りができます。調整ファスナーを閉鎖すればスタンド側の全長を縮小でき、生地の垂れ下がりを防止できます。


デザインのポイント3タイトル画像

リアボックス装備車用の拡張機能

ミドルスクーターのユーザーの多くが装着しているリアボックス対応の拡張機能を搭載したミドルスクーター専用カバー

リアボックスを装着することも多いスクーター。ボックスを追加しても外しても、どちらにも対応できる「リアボックスエクステンション」。

ミドルスクーター購入後に追加することが多いリアボックス。リアの高さが上がってしまうため、それまで使っていたバイクカバーではリア周りをカバーできなくなります。そんな場合でも、ミドルスクーターカバーは「リアボックスエクステンション」でリアボックスの追加に対応でき、ボックスを外しているときでもスマートにフィットします。

ミドルスクーターのユーザーの多くが装着しているリアボックス対応の拡張機能を搭載したミドルスクーター専用カバー

リアボックス装備車用の拡張機能

リアボックスを装着することも多いスクーター。ボックスを追加しても外しても、どちらにも対応できる「リアボックスエクステンション」。

ミドルスクーター購入後に追加することが多いリアボックス。リアの高さが上がってしまうため、それまで使っていたバイクカバーではリア周りをカバーできなくなります。そんな場合でも、ミドルスクーターカバーは「リアボックスエクステンション」でリアボックスの追加に対応でき、ボックスを外しているときでもスマートにフィットします。

ミドルスクーターにリアボックスを装着していない場合、拡張部を収納すれば、リアボックスのカバーがたわまずスタイリッシュにカバーできます。

非積載装備車

リアボックス非装備車は、リアボックスエクステンションを収納した状態でカバー。カバーはダブつかずスタイリッシュに保管できます。

非積載装備車

リアボックス非装備車は、リアボックスエクステンションを収納した状態でカバー。カバーはダブつかずスタイリッシュに保管できます。

リアボックスを装着するスクーターはリアボックス部を拡張するエクステンションを開封すると、リアボックス部のみカバーが拡張され、全体的なシルエットを維持しながらスタイリッシュにカバーできます

リアボックス装備車

リアボックス装備車は、リアボックスエクステンションを展開した状態でカバー。リアボックス対応の専用設計に変化します。

リアボックス装備車

リアボックス装備車は、リアボックスエクステンションを展開した状態でカバー。リアボックス対応の専用設計に変化します。


デザインのポイント4タイトル画像

スクーターの設計に合わせた難燃素材採用部

ミドルスクーターと一般的なオートバイではエンジンの搭載位置などが異なり、一般的なバイクカバーの耐熱素材の採用部は異なります。スクーターにはスクーターが必要とする箇所に耐熱素材を採用したミドルスクーター専用にデザインしたスクーターカバー

オートバイとスクーターは、エンジンや車体の構造が違う。だからスクーターで必要とされる箇所のみに難燃素材を採用したスクーター専用設計。

乗車後、高熱となるマフラー付近は、干渉による内部カバーの溶解を防ぐ300度の耐熱性素材を採用します。スクーターは一般的なオートバイと比べて、エンジンの位置や構造が異なるため、スクーターのエンジンやマフラーの位置など洗い出し、耐熱が必要とされる場所に難燃素材を採用したスクーター専用設計です。難燃素材は高さも広範囲に設定することで、アップマフラーなどのスポーツマフラー装備車にも配慮しています。

ミドルスクーターと一般的なオートバイではエンジンの搭載位置などが異なり、一般的なバイクカバーの耐熱素材の採用部は異なります。スクーターにはスクーターが必要とする箇所に耐熱素材を採用したミドルスクーター専用にデザインしたスクーターカバー

スクーターの設計に合わせた難燃素材採用部

オートバイとスクーターは、エンジンや車体の構造が違う。だからスクーターで必要とされる箇所のみに難燃素材を採用したスクーター専用設計。

乗車後、高熱となるマフラー付近は、干渉による内部カバーの溶解を防ぐ300度の耐熱性素材を採用します。スクーターは一般的なオートバイと比べて、エンジンの位置や構造が異なるため、スクーターのエンジンやマフラーの位置など洗い出し、耐熱が必要とされる場所に難燃素材を採用したスクーター専用設計です。難燃素材は高さも広範囲に設定することで、アップマフラーなどのスポーツマフラー装備車にも配慮しています。


製品のタイトル画像
ミドルスクーターカバー DCC500-BK カバー状態の全容画像

ミドルスクーターカバー
DCC500-BK

ミドルスクーターカバー DCC500-BK 収納状態の全容画像

収納時


機能特徴
ミドルスクーターカバーに採用されるファブリックは、標準的なテントの生地を超える耐水圧3000mm

耐水圧 3000mm

一般的なバイクカバーはもちろん、標準的なテントを超える耐水圧3000mmでバイクを風雨から守ります。

耐水圧 3000mm

一般的なバイクカバーはもちろん、標準的なテントを超える耐水圧3000mmでバイクを風雨から守ります。

ミドルスクーターカバーの後輪側には、バイクカバーの上からU字ロックなどが施錠できるロック用貫通ホールを採用

ロック用貫通ホール

U字ロックなどを通して、カバーの上から施錠が出来るロック用貫通ホールをリアホイール側に設置します。

ロック用貫通ホール

U字ロックなどを通して、カバーの上から施錠が出来るロック用貫通ホールをリアホイール側に設置します。

バイクカバーの前後にはゴムバンドを縫い付けアジャスト機能を設けます。様々なミドルスクーターの車種でもホールド感を高めます。

前後アジャストバンド

カバーの前後にはゴムバンドを設置。スクーターとのホールド感を高め、風によるカバーのめくれ上がりを防止します。

前後アジャストバンド

カバーの前後にはゴムバンドを設置。スクーターとのホールド感を高め、風によるカバーのめくれ上がりを防止します。

ミドルスクーターカバー不使用時、スクーターカバーの水濡れ時などに保管しやすくするため、カバーをフックなどにつっておけるハンガーループを設置

ハンガーループ

不使用時はカバーを吊っておけるハンガーループを3ケ所に設置。濡れたカバーを乾かしたり、保管に困るバイクカバーをスッキリ保管することができます。

ハンガーループ

不使用時はカバーを吊っておけるハンガーループを3ケ所に設置。濡れたカバーを乾かしたり、保管に困るバイクカバーをスッキリ保管することができます。

ミドルスクーターカバー内部の換気性能を高めるベンチレーションは、テントなどで採用されるEVA支柱で自立させた状態で換気状態を維持できます

自立式ベンチレーション

各部ベンチレーションはテントに採用されるEVA 支柱を採用。開口状態が維持できるので、一般的なバイクカバーと比べカバー内部の換気性能が向上します。

自立式ベンチレーション

各部ベンチレーションはテントに採用されるEVA 支柱を採用。開口状態が維持できるので、一般的なバイクカバーと比べカバー内部の換気性能が向上します。

スクーターカバーは強風によって吹き飛ばされないよう、車体固定ベルトをバイクカバーの底面に設置。

車体固定ベルト

強風によるカバーの吹き飛びを防止する固定用ストラップ。バックルを接続するだけの簡単操作。バタつき抑制にも効果があります。

車体固定ベルト

強風によるカバーの吹き飛びを防止する固定用ストラップ。バックルを接続するだけの簡単操作。バタつき抑制にも効果があります。



サイズ W:140cm(最小)- 170cm(最大)
D:フロント 70cm / リア 46cm
H:フロント 115cm / リア 40cm(最小)- 80cm(最大)
※製品実寸
耐水圧 3,000mm
重量 700 g
カラー ブラック
材質 ポリエステル
希望小売価格 6,500円+税
JAN CODE 4589946140828

適合車種 参考寸法

車種 全長 全幅 全高 軸間距離
NMAX 1955 740 1150 1350
マジェスティS 2030 715 1115 1405
PCX 1925 745 1105 1315
※2018年8月時点 生産中モデル

さらに防御力を高めて、洗車回数も軽減する。
二重バイクカバーのすすめ。

ドッペルギャンガーのミドルスクーターカバーDCC500 とストレッチモーターサイクルカバーDCC395 を二重で装着することで、バイクカバーの単体利用よりさらに防御力を高めることが出来ます。 バイクカバー単体では補えないわずかな劣化要因からも、あなたの愛車をしっかりとガードします。

ドッペルギャンガー ストレッチモーターサイクルカバー / DCC395-BK 製品ページはこちら>>

さらに防御力を高めて、洗車回数も軽減。二重バイクカバーのすすめ。

ドッペルギャンガーのミドルスクーターカバーDCC500 とストレッチモーターサイクルカバーDCC395 を二重で装着することで、バイクカバーの単体利用よりさらに防御力を高めることが出来ます。 バイクカバー単体では補えないわずかな劣化要因からも、あなたの愛車をしっかりとガードします。

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 製品ページ >>

バイクカバーとの
摩擦による傷防止

直にバイクカバーと接触しているバイク本体は、カバーを着脱したり風が原因のバタつきによる干渉傷を回避することができません。 バイクカバーを被せる前に柔らかく伸縮性のあるストレッチモーターサイクルカバーを装着することで、干渉傷からバイクを保護します。

バイクカバーとの摩擦による傷防止

直にバイクカバーと接触しているバイク本体は、カバーを着脱したり風が原因のバタつきによる干渉傷を回避することができません。 バイクカバーを被せる前に柔らかく伸縮性のあるストレッチモーターサイクルカバーを装着することで、干渉傷からバイクを保護します。

ホコリの侵入を
さらにブロック

屋外での保管、特に舗装されていない駐輪場においては、バイクカバーで保護していても、風によってカバー下から巻き上げられる砂埃が内部に蓄積します。 ストレッチモーターサイクルカバーはその優れた伸縮性によってバイクとの密着性を高め、巻き上げられる砂埃の侵入をブロックします。

ホコリの侵入をさらにブロック

屋外での保管、特に舗装されていない駐輪場においては、バイクカバーで保護していても、風によってカバー下から巻き上げられる砂埃が内部に蓄積します。 ストレッチモーターサイクルカバーはその優れた伸縮性によってバイクとの密着性を高め、巻き上げられる砂埃の侵入をブロックします。

シーズンオフの
冬眠にも最適

バイクの長期保管では、車体保護のために布団でタンクやハンドル周りを保護した上からモーターサイクルカバーを装着します。 かさばらず通気性があるストレッチモーターサイクルカバーをベースレイヤーとして使うことで、簡単でコンパクトにバイクを保管することができます。

シーズンオフの冬眠にも最適

バイクの長期保管では、車体保護のために布団でタンクやハンドル周りを保護した上からモーターサイクルカバーを装着します。 かさばらず通気性があるストレッチモーターサイクルカバーをベースレイヤーとして使うことで、簡単でコンパクトにバイクを保管することができます。


シリーズラインナップ
モーターサイクルハーフカバー DCC396-BK 製品ページリンク

モーターサイクルカバー
DCC396-BK

モーターサイクルカバーに新しいアイデアを。ただ被せるだけじゃ終わらない。多機能モーターサイクルカバー。

モーターサイクルカバーに新しいアイデアを。ただ被せるだけじゃ終わらない。多機能モーターサイクルカバー。

ライダーズホルスターバッグ DBT441-BK 製品ページリンク

モーターサイクルハーフカバー
DCC428-BK

キャンプツーリングで雨や朝露からバイクを保護するハーフカバーに機能性や安全性をプラスしたモーターサイクルハーフカバー。

キャンプツーリングで雨や朝露からバイクを保護するハーフカバーに機能性や安全性をプラスしたモーターサイクルハーフカバー。

ストレージバイクシェルター2 DCC374-BK 製品ページリンク

ストレージバイクシェルター2
DCC374M/L-BK

ワンタッチで開閉可能。屋外保管でも愛車の劣化要因を抑えるシェルター型簡易ガレージ。ストレージバイクシェルター。

ワンタッチで開閉可能。屋外保管でも愛車の劣化要因を抑えるシェルター型簡易ガレージ。ストレージバイクシェルター。

ストレージバイクガレージ DCC330-BK 製品ページリンク

ストレージバイクガレージ
DCC330M/L-GY

隠すだけじゃ物足りない。ガレージに必要な要素をプラスした工具不要でカンタンに組み立てられる簡易ガレージ

隠すだけじゃ物足りない。ガレージに必要な要素をプラスした工具不要でカンタンに組み立てられる簡易ガレージ

アラームDE南京錠 DBT420-BK 製品ページリンク

アラーム DE 南京錠
DKL450-BK

盗難やイタズラから愛車を守るバイク用ロック。 長いシャックルの簡単な操作でガッチリ施錠。 110デシベルのアラームで不届き者を撃退。

盗難やイタズラから愛車を守るバイク用ロック。 長いシャックルの簡単な操作でガッチリ施錠。 110デシベルのアラームで不届き者を撃退。

アラーム ディスクロック DKL451-BK 製品ページリンク

アラーム ディスクロック
DKL451-BK

キーシリンダーを押すだけの簡単操作。たった1秒でバイクの盗難予防。モーターサイクル用アラームディスクロック。

キーシリンダーを押すだけの簡単操作。たった1秒でバイクの盗難予防。モーターサイクル用アラームディスクロック。





  • レビュー投稿の信頼性を高めるため、各種SNSアカウントとの連携、もしくはEメールアドレスのご登録が必要です。
  • ご登録いただいたメールアドレスが公開されることはありません。
  • 商品に関するご質問・お問い合わせは、当レビュー機能では対応いたしかねます。こちらの弊社製品サポート窓口までお問い合わせください。


  • このページが気に入ったらいいね!しよう

    このページが気に入ったら
    いいね!しよう