大切な愛車だからこそ、屋内でもバイクカバーをしよう。
屋内保管にフォーカスしたストレッチモーターサイクルカバー。

大切な愛車だからこそ、屋内でもバイクカバーをしよう。
屋内保管にフォーカスしたストレッチモーターサイクルカバー。

希望小売価格:
5,000円+税

ストレッチモーターサイクルカバー
DCC395-BK

【収納時】


意外に多い、バイクの屋内保管ユーザー

バイクユーザーに対して自社のツイッターでバイクの保管状況のアンケートを行ったところ、全体の43%が戸建ての屋内保管との結果を得ました。 このアンケート結果を受けて、バイクを屋内保管するユーザーは私達が想像するよりも多いのではないかと考え、屋内専用のバイクカバーの製品化に着手しました。 屋内保管しているバイクにも、専用のバイクカバーは必要ではないか。そんな発想から生まれた屋内専用モーターサイクルカバーです。

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 コンテンツ画像

屋内保管している大切なバイクだからこそ、
スタイリッシュにバイクをカバーしたい

毎日乗車しているバイクであれば、屋内保管でカバーをかける必要性は高くありません。 しかし長期間の保管はどうでしょうか?例えば年に数回のロングツーリングのためのバイク、オフシーズンは冬眠させているバイク、いつか乗るためにレストア中のバイクなど保管の目的は様々です。 こういったバイク達は屋外保管におけるリスクにさらされない環境であっても、人の往来によって受ける干渉のダメージや、埃などを避ける事はできません。 そんな屋内保管で大切にしたいバイクにこそ、被せてほしいカバー。それがストレッチモーターサイクルカバーです。

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 コンテンツ画像
高い通気性
伸縮性の高いストレッチ素材は通気性にも優れます。気温差による結露の発生を最小限に抑え、最適な屋内保管コンディションを作り出します。
ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 コンテンツ画像
防塵
故障箇所の特定が難しい電装系のトラブル。その原因となるのがガレージの中を浮遊している埃です。ストレッチモーターサイクルカバーは伸縮して車体にフィットすることで、故障の原因となる埃から愛車をガードします。
ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 コンテンツ画像
すり傷予防
ガレージ内の人の往来で受ける思わぬすり傷を予防。カバーの内側は起毛しているので、愛車の外装をやさしく包み込みます。

機能 / 特徴

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 ファンクション画像
高強度ストレッチ素材
引き裂き強度の高いストレッチ素材で、幅広い車体に装着可能。ステップの先端などバイクの鋭利なパーツと接触しても破れにくい素材です。
ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 ファンクション画像
立体構造
バイクの形状に合わせた立体構造を採用し、カバー時でもスタイリッシュな形状を維持。

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 ファンクション画像
起毛素材
タンクにも傷がつきにくいように、バイクの外装と直に触れるカバーの内側は裏起毛になっています。

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 ファンクション画像
ハンガーループ
カバーを使わないときには、ガレージで吊るしておけるハンガーループが3箇所があります。
ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 ファンクション画像
メッシュ収納袋
収納袋は片面にメッシュ素材を採用し、通気性に配慮しています。

サイズ別の収納イメージ

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 250ccモタード 装着イメージ
モタード(250cc)
【全長 2,130mm、全幅 795mm、全高 1,125mm】
ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 800ccビッグネイキッド 装着イメージ
ビッグネイキッド(800cc)
【全長 2,165mm、全幅 845mm、全高 1,150mm】
ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 1150ccアドベンチャーツアラー 装着イメージ
アドベンチャーツアラー(1150cc)
【全長 2,260mm、全幅 980mm、全高 1,430mm】

サイズ W55 × D165 × H110 cm
重量 760 g
カラー ブラック
材質 ポリエステル
希望小売価格 5,000円

カバーの被せ方

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 カバーの被せ方解説 1.ハンガーループの位置とミラーの先端を合わせるようにして被せます。
ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 カバーの被せ方解説 2.前輪(前方)にカバーを被せます

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 カバーの被せ方解説 3.カバー後方を引っ張りながら車両全体をカバーします

ストレッチモーターサイクルカバー DCC395 カバーの被せ方解説 4.後輪タイヤまで被せます
※ バイクの形状やサイズによっては、前輪までカバーできない場合があります。

防御力を高める、二重バイクカバーのすすめ

ドッペルギャンガーのモーターサイクルカバーDCC396とストレッチモーターサイクルカバーDCC395を二重に装着することで、レインカバーの単体利用よりさらに防御能力を高めることが出来ます。 バイクカバー単体では補えない、わずかな劣化要因からも、あなたの愛車をしっかりとガードします。

バイクカバー 二重カバーイメージ画像

バイクカバーとの摩擦による傷防止

直にバイクカバーと接触しているバイク本体は、カバーを着脱したり風が原因のバタつきによる干渉傷を回避することができません。 バイクカバーを被せる前に柔らかく伸縮性のあるストレッチモーターサイクルカバーを装着することで、干渉傷からバイクを保護します。

埃の侵入をさらにブロック

屋外での保管、特に舗装されていない駐輪場においては、バイクカバーを保護していても、風によってカバー下から巻き上げられる砂埃が内部に蓄積します。 ストレッチモーターサイクルカバーはその優れた伸縮性によってバイクとの密着性を高め、巻き上げられる砂埃の侵入をブロックします。

シーズンオフの冬眠にも最適

バイクの長期保管では、車体保護のために布団でタンクやハンドル周りを保護した上からモーターサイクルカバーを装着します。 かさばらず通気性があるストレッチモーターサイクルカバーをベースレイヤーとして使うことで、簡単かつコンパクトにバイクを保管することができます。

ドッペルギャンガーのバイクカバーシリーズ

ドッペルギャンガーのモーターサイクルカバーはバイクの駐輪環境や用途に合わせて選択できる充実のラインナップ。


取扱店舗

関連商品


この商品を購入する

このページが気に入ったらいいね!しよう

このページが気に入ったら
いいね!しよう