ハーフサイズの自転車カバーを内蔵。

コンパクトな自転車カバーを内蔵した前かごカバー、DBF457-BK フロントバスケットカバー

ハーフサイズの自転車カバーを内蔵。

コンパクトな自転車カバーを内蔵した前かごカバー、DBF457-BK フロントバスケットカバー

外出先では、雨が降っていても自転車は雨ざらし。
かさばる自転車カバーは持ち歩けない、使えない。
そんな既成概念を払拭する、自転車カバーを内蔵した前かごカバー。


外出先では、雨が降っていても自転車は雨ざらし。かさばる自転車カバーは持ち歩けない、使えない。 そんな既成概念を払拭する、ハーフサイズの自転車カバーを内蔵した前かごカバー。


開発のきっかけとなったのは、雨上がりの午後に街で見かけた自転車の前かごカバーに溜まった雨水でした。 自転車での走行中に、バッグとその中身を雨やホコリから守る役割をもつ前かごカバーですが、長時間の雨にさらされると、その重みにより上部が沈み込み、雨が溜まる場合があります。

その光景をみて、「出先での駐輪中には、前かごカバーに雨が溜まるほどの状況であっても、自転車カバーを取り付けることはない。取り付けることができない。」ということに気づきました。 自転車カバーを携帯するには嵩張り、自宅ではない出先での駐輪時に自転車カバーを使用するには周りの目が気になります。また脱着には時間とスペースを必要とします。 そこまで考えたときに、前かごカバーからハンドルを経由してサドルまでを覆う、これまでに見たことのないハーフサイズの自転車カバーを思いつきました。

その姿はまるで、ハンドルを頂点とする屋根(toit)のようで、勾配のついた屋根からは軽やかに流れ落ちる雨水を想像することができました。 そして、試行錯誤を重ね開発し完成したのが、DBF457-BK フロントバスケットカバーです。そのきっかけとなったイメージから、Toit Noir(トワ・ノワール / 黒い屋根)という愛称を持っています。

製品本体

自転車ハーフカバー付属(内蔵)

インナー取り付け型バスケットカバー
前かごの荷物やバッグを、雨やホコリからしっかり守る。

インナー取り付け型バスケットカバー
前かごの荷物やバッグを、雨やホコリからしっかり守る。

すっきりとしたフォルムのインナー取り付け型バスケットカバー。破れにくく摩耗しにくい300Dポリエステル生地を採用し、裏面には防水性能を高めるPUコーティングを施しています。

すっきりとしたフォルムのインナー取り付け型バスケットカバー。破れにくく摩耗しにくい300Dポリエステル生地を採用し、裏面には防水性能を高めるPUコーティングを施しています。

約42cm × 33cmに広げられる大開口部。前かごの荷物やバッグを、雨やホコリからしっかり守ります。

高強度な300Dポリエステルを使用し、裏面にはPUコーティングを施しています。

ハーフサイズの自転車カバーを内蔵
外出先でも、雨やホコリから自転車を守ることができる。

ハーフサイズの自転車カバーを内蔵
外出先でも、雨やホコリから自転車を守ることができる。

雨が降っていても掛けるのを諦めていた外出先での自転車カバー。フロントバスケットカバーには自転車ハーフカバーが内蔵されているので、いつでも必要なときに自転車カバーを使用することができます。

雨が降っていても掛けるのを諦めていた外出先での自転車カバー。フロントバスケットカバーには自転車ハーフカバーが内蔵されているので、いつでも必要なときに自転車カバーを使用することができます。

雨天の駐輪後に再び乗車することを想定し、サドルと前かご、ハンドルの防雨に特化した仕様としています。

2ヶ所をバックルで固定するフェイルセーフ機構により、風などで自転車ハーフカバーがめくれても、紛失する恐れがありません。

自転車ハーフカバーなら簡単脱着
ハーフサイズの自転車カバーだから、簡単・スピーディーに脱着できる。

自転車ハーフカバーなら簡単脱着
ハーフサイズの自転車カバーだから、簡単・スピーディーに脱着できる。

大きくかさばり、脱着に時間と手間がかかる自転車カバー。フロントバスケットカバーに付属の自転車ハーフカバーなら、取り出してバックルを固定し、サドルに引っ掛けるだけ。簡単・スピーディーに脱着することができます。

大きくかさばり、脱着に時間と手間がかかる自転車カバー。フロントバスケットカバーに付属の自転車ハーフカバーなら、取り出してバックルを固定し、サドルに引っ掛けるだけ。簡単・スピーディーに脱着することができます。

自転車ハーフカバーの使用方法 1

※ハンドルの形状によっては、自転車ハーフカバーの寸法が足りない場合があります。

1. フロントバスケットカバーと自転車ハーフカバーを固定用バックルで接続します。(バックルにより前後が判然とし、また固定することで自転車ハーフカバーが取り付けやすくなります。)

2. 前かごの底面まで覆うようにして、自転車ハーフカバーを取り付けます。(自転車ハーフカバーの外周には伸縮性のあるゴムが使用されています。※ラバーバンド)

3. 自転車ハーフカバーを引っ張りながら、ハンドルの上部を経由し、サドルまで覆います。(自転車ハーフカバーがだぶつく場合は、ラバーバンドを調整してください。)

4. サドル固定用ベルトを自転車のシートポストに通し、バックルを固定します。(風でめくれ上がっても飛ばされないように、バックルでしっかりと固定してください。)

自転車ハーフカバーの使用方法 2

※チャイルドシートが取り付けられている場合、寸法が足りない場合があります。

1. フロントバスケットカバーと自転車ハーフカバーを固定用バックルで接続します。(バックルにより前後が判然とし、また固定することで自転車ハーフカバーが取り付けやすくなります。)

2. 寸法が足りない場合は、前かごの上部まで覆うようにして、自転車ハーフカバーを取り付けます。(十分に固定できない場合は自転車ハーフカバーを使用しないでください。)

3. 自転車ハーフカバーを引っ張りながら、チャイルドシートの上部を経由し、サドルまで覆います。(自転車ハーフカバーがだぶつく場合は、ラバーバンドを調整してください。)

4. サドル固定用ベルトを自転車のシートポストに通し、バックルを固定します。(風でめくれ上がっても飛んでいかないように、バックルでしっかりと固定してください。)

自転車ハーフカバー専用収納スペース
置き場に困る自転車カバーを収納できる。

自転車ハーフカバー専用収納スペース
置き場に困る自転車カバーを収納できる。

自転車ででかけるときには外す必要がある自転車カバー。フロントバスケットカバーには、自転車ハーフカバーを収納する専用スペースがあるので、外したカバーの置き場に困りません。

自転車ででかけるときには外す必要がある自転車カバー。フロントバスケットカバーには、自転車ハーフカバーを収納する専用スペースがあるので、外したカバーの置き場に困りません。

自転車ハーフカバーの収納方法

1. 水気を払ったら、前かご側から自転車ハーフカバーを外します。

2. フロントバスケットカバー固定用バックルを外します。

サドル固定用バックルを外し、サドルから自転車ハーフカバーを外します。

4. 自転車ハーフカバー専用収納スペースに折りたたんで収納します。

かんたん取り付け自転車ハーフカバー内蔵

雨風からカバーしたいサドル・前かご、ハンドル周りを覆う自転車ハーフカバーを内蔵させることで軒がないスーパーや駐輪スペースにも安心して停めることができます。

上蓋付きバスケットカバー

上蓋がついたバスケットカバー(前かごカバー)で雨・風はもちろん、ひったくりによる盗難から荷物を守ります。

3点固定ストラップ

自転車の前かごに3箇所で固定、さまざまなバスケット(前かご)形状に合うようストラップで調整する事が可能です。

高強度ポリエステル+PUコーティング

バスケットカバーには300Dポリエステル、自転車ハーフカバーには軽量な210Dポリエステル(共に裏面にPUコーティング加工)を採用。防水性と軽量性、さらに強度にも優れる生地です。

フロントバスケットカバー
300Dポリエステル
(表面生地)

フロントバスケットカバー
300Dポリエステル
(裏面PUコーティング)

自転車ハーフカバー
210Dポリエステル
(表面生地)

自転車ハーフカバー
210Dポリエステル
(裏面PUコーティング)

バスケットカバーの取り付け方法

1. 固定用ベルトを、サブベルトのループ(2箇所)に通します。

2. 固定用ベルトのバックルを結合します。

3. 前かごの幅に合わせて、固定用ベルトのスライダーを調整します。

4. 前かごの高さに合わせて、サブベルトのスライダーを調整します。

コンパクトな自転車ハーフカバーを内蔵した前かごカバー

希望小売価格:
2,800円+税

製品仕様

サイズ フロントバスケットカバー
・上部 W420 x L330mm
・下部 W370 x L250mm
・高さ H280mm

自転車ハーフカバー
・W530 x L1200mm(平置き)
カラー プレミアムブラック
材質 フロントバスケットカバー:300Dポリエステル
自転車ハーフカバー:210Dポリエステル
希望小売価格 2,800円
JAN CODE 4589946138917
重量 フロントバスケットカバー:230g
自転車ハーフカバー:150g


取扱店

関連製品


この商品を購入する