ドッペルギャンガー



- BRAND CONCEPT -

Geh deinen Weg und lass die Leute reden.

己の道をいけ、言いたい奴には言わせておけ。
HATERS GONNA HATE. GO YOUR OWN WAY.


- BRAND IDENTITY -

「乗る人それぞれの速さで走る。決めるのは自分。」


ロードバイクに跨るすべての人が、より速くより遠くへ走りたいという願望を持つわけではなく、マウンテンバイクを楽しむには山にいかなければならないということもありません。

自転車は乗り手があってはじめて意味を成し、乗り手無くして自立すらままならない存在です。つまり自転車の走る速さや目的を決定するのは乗り手であり、自転車ではありません。

公共の交通手段が発達した現代において「自転車に乗る意味」とは何なのか。

電車でも、バスでも、タクシーでも、自家用車でも、モーターサイクルでもなく、あえて「自転車に乗る意味」とは何なのか。

安全で確実な手段として電車やバスが挙げられます。より長い距離を移動したいのであれば自動車のほうが便利です。

街中のちょっとした移動であれば電動自転車が快適なはずです。それにもかかわらず、体力が要求され、荷物も載せることができず、雨風の影響を受け、直射日光や気温の変化と戦わねばならない自転車に乗るのか。

健康のため・・・、競技のため、その練習のため・・・。人混みが苦手だから・・・。

自転車に乗る意味やその目的は人によって異なり、既成概念にとらわれる必要などないはずです。乗る理由があるとすれば、他人の制約を受けず、自らのペースで走れることだと私たちは考えます。

「乗る人それぞれの速さで走る。決めるのは自分。」

自転車の走る速度は乗り手によって異なります。乗れば勝手に目的地まで運んでくれる電車やバス、アクセルを開けば加速する自動車やモーターサイクルと異なります。自転車は、私たち自身を動力源として、私たちの必要な速度で走り、その速度は徒歩とも異なります。

その速度でしか見えないもの、その速度でしか感じることができないもの。自転車の走る速度でしか目に入らないもの、自転車に乗った時の視界でしか目に映らないものがあります。

それは、周囲を囲まれた電車では見ることのできないものであり、高速道路や渋滞する市街地を走る自動車を運転していては見ることのできないものです。

自分の価値観でモノを選ぶことができ、人に運ばれることをよしとせず、周囲に流されずに自分の速度、自分の目的のために走ることができるすべてのライダーに。

- LINE UP -