用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
あ行
MTB 「Mountain Trail Bike」の略で、マウンテンバイクの別称です。発祥はカリフォルニアと言われ、しかし当時はMTBと呼べる自転車は存在せず、ビーチクルーザーを改造して山道を下って遊ぶのにスペシャルパーツを装着したのがルーツとされています。80年前後には自転車メーカーが相次いで高性能なMTBを発表し、その機能性やルックスから、瞬く間に世界中で受け入れられるようになりました。最も人気のあるカテゴリのひとつとして、どのメーカーも力を入れており、常に魅力的な機種が登場しています。
アーレンキー 六角レンチのこと。アレックス・モールトンが六角レンチを使用して折り畳むことは有名で、一般に折畳み自転車の組立て/収納には六角レンチを使う、と考えられてしまうほどです。現実には、クイックリリースの普及により、最近の折畳み自転車は工具を使わずに組み立てが出来るようになっています。
アウターギア フロントスプロケットにおいて、複数のスプロケットがある場合、外側の大きなスプロケットを指します。これは和製英語で、同じスプロケットを指す場合、英語では「Largr Sprocket」と呼びます。反対に小さなスプロケットは「インナー・ギア」と呼びます。
アジャスター 各パーツの微調節をする部品のこと。ディレイラーやシフター、ブレーキの場合、ワイヤーの付け根の樽型に回転する部品を指し、サスペンションの場合はダイヤル状のモノが多い。どれも基本的にネジを締める事で強い効果が得られます。
アップハンドル
【Handle】
グリップの位置がステムよりも高い位置にあるハンドル。
アヘッド
(アヘッドステム)
ヘッドチューブ(フレームの頭菅)に取り付けるフォーク操縦管用の玉軸受のことでアヘッドはネジ無しヘッドセットを意味します。本来はMTB用として発明されたもので、ベアリングの回転調節やステムの高さ調節や整備が簡易に行なえ、現在ではロードバイクでもアヘッドが主流。
アロイ
【Alloy】
本来は合金全般を指しますが、日本では一般にアルミ合金を指すことが多いようです。
アンカーボルト
【anchor bolt】
ワイヤーなどを固定するボルトを指します。
インターフェイス
【interface】
自転車を人が直感的に操作する部分やその操作方法の事、各パーツで言うサドルやハンドル、ハンドルグリップやレバー類を指し、其々調節が出来ると自身にあった走行性や乗り心地が得られます。
インナーチューブ
【inner tube】
タイヤ内部のチューブの事、チューブ自体に空気を入れるバルブが付いており、リムのバルブ穴に取り付け固定します。以外にフロントサスペンションフォークのスライド部を指すこともあります。
エア 空気圧のこと。ガスショック装備車については、ショック内圧を指すこともありますが、一般にはタイヤ(チューブ)内空気圧を指します。16インチでは 320kPa、20インチでは310kPa、26インチでは240~410kPaが標準と言われています。通常はタイヤの横に適正空気圧が刻印されています。
エアショック スプリングのかわりに、ガスや空気など気体を緩衝材として使用したショック・アブソーバーを指します。
エアバルブ
【Valve】
タイヤ(チューブ)に空気を入れるための空気注入口。英式バルブ、米式バルブ(アメリカンバルブ)、仏式バルブ(フレンチバルブ)があります。一般車には英式が採用され、米式は自動車と同じ形状でアメリカで人気のあるBMXタイプに多く使用され、仏式は高圧に耐えることができるためレーサーなど競技用自転車に多く見られます。
エアロ
【エアロ】
「エアロダイナミクス」の略称。空気抵抗を減らすために設計、デザインされたパーツに用いられることが多く、エアロフォーク、エアロハンドル、エアロシートポスト、エアロフォークなどがあります。
エンド
(エンドキャップ・エンドプラグ)
一般的にハンドルバーの両端を指します、アルミやカーボン等のハンドルは両端が切りっ放しになっている場合が多く、それらの保護蓋の事をエンドキャップ・エンドプラグと言います。
エンド幅 ハブ(車輪を取り付けるフレームの爪先、又はの左右ロックナット間)の寸法を指します、リアエンド幅に付いてはスプロケットの枚数によって寸法が異なり、例えばギアが一枚しかないピストバイクのリアエンドは120mmと細く、MTBやロード等、スプロケの枚数が多い車両は135mmと幅が広くなり、ギアの枚数が増えるにつれ幅が広くなります。
オーバーサイズ 現在主流となりつつある1.1/8インチサイズのヘッドパーツを指します。強度が必要とされるMTBからスタートした規格ですが、現在は幅広いカテゴリで採用が拡大しています。これに対して通常サイズはノーマルサイズ、スタンダードサイズと呼ばれます。
オーバルギア =楕円スプロケット。真円ではなく楕円構造のスプロケットを採用することで、ペダルを押し下げる際にはギア比を大きくして駆動力を大きくするように設計されたスプロケット。
上パイプ
【Top tube】
JISに定める、フレーム上部のパイプ(トップチューブ)の呼称

か行
カセットスプロケット
【cassette sprocket】
リアハブに取り付けられている複重に重なっている変速ギアのプレートを指します。ロード車に装備されている比較的ギア歯の数が少ないスプロケ郡をクロウスレシオと呼ばれ、反対に歯数の多いスプロケをワイドレシオと呼ばれます。
ガイドプレート 前ディレイラーの変速の際にチェーンを移動させる金属の板状部品の意、変速以外でもチェーンの脱落を防止する役目も果たしています。以外チェーンガイドやチェーンケージとも呼ばれる。
キャリパー
【caliper】
キャリパーブレーキの呼び名として用いられているが基本的にはディスクブレーキのローター(ディスク)を押さえるつける金属部を指します。ブレーキをケーブルで動かす方法を機械式と呼び、作動油の入ったブレーキホースとピストンで動かす方法を油圧式と呼びます。
ギア
【gear】
正しくは、歯車と歯車がかみ合う部分を「ギア」と呼び、チェーンと歯車がかみ合う部分を「スプロケット」と呼びますが、今日の自転車市場では「変速機」、または「スプロケッ」トを差して「ギア」と呼ぶことが多いようです。
クイック
(クイックシャフト・クイックリリース)
工具を必要とせずレバーを180度回転させる事で簡易にロックや取り外しができる部品のこと、弊社販売の自転車では折り畳みジョイント部やシートロック部、ハンドルロック等に採用されています。ロックは確実に締め、途中留めは大変危険。イタリアのカンパーニョ社が発明したロック部品。日本語読みでクイックレリーズとも記載されることがあります。
クランク
【CRANK】
ペダルとフロントスプロケット(チェーンホイール)とを繋ぐシャフト。取り付け方式は、BB側のテーパー(角度)が設けられた四角柱にクランクをはめ込み、ナットで締め込む「コッタレス」方式が一般的ですが、ISIS、シマノが採用するオクタリンクなど、様々な規格があります。一般にはペダルをこいだときに緩みが出ないよう、BBセット、ペダルの取り付けにおいて、左側には逆ネジを使用していますが、イタリアンなど一部では両側とも正ネジになっているものもあります。コッタレス方式のクランクを外すには専用の工具が必要になります。165~175mmまでのクランク長が一般的です。
クランプ
【clamp】
各パーツを固定する部品の意。シートピラー(シートポストの挿入口)とシートポストを固定する鉄の輪の様な部品をシートクランプと呼びます。
クロスバイク
【hybrid bicycle】
MTB(マウンテンバイク)とロードバイクを足して2で割った様な自転車。ダートでのMTB、高速走行でのロードバイクには勝らないが町乗りとしてはもっとも最適とされる。
グリス
【grease】
ハブベアリングやヘッドパーツ等の摩擦を軽くする為に用いられるケミカル。潤滑材との使用はグリスを分解するので箇所により使い分けが必要。
グリップシフト
【Glip shift】
弊社自転車ではシマノを採用、右グリップの付け根がバイクのスロットルの様に回転させる事で手を離すことなく変速が出来るシフターの事。操作性が非常に良く誰もが簡単に操作出来るメリットを持っています。
コイルスプリング
【inductor spring】
主にサスペンション内部の金属をらせん状に巻いたバネを指します。
コンポーネント
【Component】
ペダル、クランクセット、ボトムブラケット(BB)、ディレイラー、カセットスプロケット、チェーン、ハブ、シフター、ブレーキ、ヘッドセット、サドル等のグループの意味でも用いられる自転車の構成品。
外装変速機
【External (derailleur)】
リアハブに取り付けられている複重に重なっている変速ギアのプレートを指します。ロード車に装備されている比較的ギア歯の数が少ないスプロケ郡をクロウスレシオと呼ばれ、反対に歯数の多いスプロケをワイドレシオと呼ばれます。
逆ネジ 一般的に、ペダルをこいだときに緩みが出ないよう、BBセット、ペダルの取り付けにおいて、左側には逆ネジを使用しています(ペダルをこぐ方向とネジが緩む方向が同一のため)。感覚的に「ネジは時計回りに締め込むもの」という既成概念があるため、無理矢理にペダルなどを時計回りにねじ込んでトラブルが発生することがあります。

さ行
サスペンション
【suspension】
もともとは強い衝撃を受けるMTBにおいて採用がはじまった「緩衝装置」です。フロントフォークやリヤフォーク、またシートポストに装着されるものもあります。スプリングやゴム、ガスを反発材として使用したものがあり、中にはフレームの構造自体をサスペンションと共用し、素材の「しなり」をサスペンションとして利用するものもあります。最近ではMTBの他に、ルックス向上を目的として多様な自転車にも採用されていますが、重量の増加、発進/加速時に駆動力をサスペンションが吸収してしまう、といった「パワーロス」も考慮する必要があります。
サドル
【saddle】
シートと表現されることも。つまるところ「椅子」ですが、軽量を追求したカーボン製のものや、快適性を重視して低反発クッションを使用したものなど、多くの種類があります。また、互換性が高いことが特徴で、自転車購入後のカスタムメニューとしても人気があります。
シートポスト
【seat pillar】
シートとフレーム(シートクランプ)を繋ぐ筒状のパイプの様な部品。サドルと一体型と思われているケースが多くサドルとシートポストセットの状態で一般的にサドルと認識されている。
シートポストクランプ
【clamp】
シートポストをフレームに固定するための部品。クイックリリースを用いたものや、ボルトを使用するもの、フレーム一体式のもの、別パーツになっているものなど、様々なタイプがあります。
シマノ
【SHIMANO】
1921 年創業、大阪府堺市に本社を構える日本が世界に誇る自転車コンポーネントメーカー。自転車事業以外では釣り具メーカーとしても知名度が高く、その操作性、信頼性、調節の簡易さ、メンテナンス、価格帯等の総合評価が高く、現在の自転車の大半の変速機はシマノを採用しています。そのシェアの高さからディレイラー取り付け位置やBB幅等、フレームメーカーがシマノ規定に沿って製造しているケースも数多い。
シャフト
【Shaft】
ハブとフレームを繋ぐ回転部分中心にある棒状の部品の意味、自転車だけでなくバイクや車、機械類の回転部にも使われる部品用語。
シュー
【Brake shoe】
英語で靴の意味で自転車に乗る際に履く靴をいいますが、一般的に自転車ではブレーキシュー(ブレーキキャリパーに取り付けるゴムのブレーキ)を指します。
ショック
【Shock absorber】
別名ダンパーとも呼ばれる。フロントのフォーク部やリアアーム部とフレームとのジョイント部に装備する走行上の身体への衝撃を和らげる緩衝器の略。油圧式や空気式、コイルスプリング式等があります。
ジャイロ
【Gyro】
BMX タイプの自転車に装備される、特殊な部品。BMX競技においては、通常の自転車とは異なる使用方法を採ることがあり、その中のひとつが「回転」です。ハンドルやフレームを回転させるトリック(技)があり、そんな状況下でもワイヤーがからまらないよう、そしてブレーキがきちんと作動するように、特殊なワイヤーの接続方法を採用した部品が「ジャイロ」です。この部品の装着により、ハンドルを360度以上(何回転でも)回すことができます。逆に言えば、この部品がなければワイヤーが絡まってしまうため、ハンドルを回転させることができません。
スタンド
【Stand】
自転車を自立させるための部品で、両立スタンド、片側スタンド(サイドスタンド)があります。サイドスタンドの取り付け位置はフレームデザインによって様々で、多く見られるハブ共締めの他、フレームに直接取り付けられているものもあり、スプリングを露出させずスタンド内部に納めたスタイリッシュなものもあります。両立スタンドは、安定性が高いのが特徴ですが、跳ね上げたとき(未使用時)にも張り出しが大きくなります。また、折畳み自転車は折り畳んだときに自立するように設けられたスタンドが付属している場合もあります。他には整備用スタンド(一部のスタンドを持たない、特殊な自転車のため)などがあります。
ステム
【Stem】
ステアリングコラムとハンドルを繋ぐ棒状のパーツ。その長さや角度は他種多様で、自分にあったステムに交換し調節をする事で大きくハンドリングが変わる部品です。
スプロケット
【sprocket】
一般的にギアと呼ばれる円盤の歯車を指します。自転車は前後のギアとチェーンによって、クランクより後輪に動力を伝達する役目を果たしています。変速機を搭載する自転車では、複数から構成されるギアを変速機で変更させ、前後ギアの組み合わせにより走行力を変化させています。スペックで現わされるTはギアの歯数の事で、弊社自転車のスポーツタイプで採用するチェーンホイール52Tとは、52枚の歯数を示します。変速機を装備する自転車は後輪軸に複数のスプロケットを装備し、その歯車群をカセットスプロケットとも呼びます。
スポーク
【Spoke】
車輪を組み立てる構造部品の一部で、リムとフランジを結ぶ鉄製の棒を指します。スポークはヘッド、エルボ、胴、ネジで構成され、ハブ中心のスポーク穴からネジ部より差し込み、ヘッド(頭)部がスポーク穴の直径より大きく頭部で引っかかる。エルボはヘッド下に(約)90~100度に曲げられ、複数のスポークを組み込みフランジとハブを固定している。ネジ部は専用ナットのニップル(内ネジ)を用い固定されている。なお車輪強度は約90%でスポークの強度で決まるとされており、当部に歪み等が生じるとハブ自体に歪みが生じる事が多い。
底ブラケット
【Bottom bracket】
別な呼び名としてBB、ボトムブランケット、底ブラケット、ハンガーといったクランク軸と軸受が一体となったクランクとの連結部品の意味。

た行
タップ
【Tap】
ネジ受けの溝がバカになった場合や、新たに雌ネジを切る場合に用いられる工具の名称。ネジサイズM5やM6、M8等といった様々な規定サイズがあります。
タンジェント組 スポークの組み方の1種。スポーク同士を交差させる組む方式を指します。
ダブルサスペンション
【Double suspension】
フロントとリア共にサスペンションを装備する車両を意味します。フルサスペンションも同じ意味。
チェーンガード
【Chain case】
クランク側のスプロケとチェーンを保護するカバーの事で、スカートやズボンの潤滑油による汚れを防ぐだけでなく、スプロケとチェーン間の衣類の噛み込みを防ぐ役目を果たします。またチェーン全てを覆うものをチェーンケースやチェーンカバー(上記と同じ)と呼びます。
トップチューブ
【Top tube】
フレーム上部のパイプを指します。JISでは「上パイプ」と呼称が定められています。

な行
ノーパンクタイヤ
【No puncture tire】
「耐パンクタイヤ」とも。構造を通常のタイヤとは異なるものとすることでパンクしない、もしくはパンクしにくくしたタイヤ。タイヤ表層を厚くする、層を増やす、タイヤ層の中に入っている繊維の密度を濃くする、空気の代わりにゲル状の液剤を注入する、タイヤ内部に(チューブの代わりに硬反発スポンジなど)固形物を入れる、といった方法がありますが、通常のタイヤに比べて硬く重くなる場合が多く、乗り心地が悪化して乗員やフレームなど自転車の構成部品に影響を及ぼすことがあります。
内装変速機
【Hub gear】
一般的な変速機[外装変速機]はハブ外に取り付けられ剥き出しとなっているのに対し、後輪のハブ内に組み込んだギアによって変速する衛星歯車を採用します。別名ハブギアとも呼ばれ、外装変速機とは異なり密封式の為、防塵、防水性が高く、グリスの注油の必要が無い上、ギアの摩擦が少ない為、比較的寿命が長い。駆動方式からベルト駆動やシャフト駆動の自転車によく見受けられメンテナンスの必要性の無さからシティーサイクルに採用されている事が多い。

は行
BBセット
【BB set】
クランク軸と軸受が一体となったクランクとの連結部品。
ハブ
【Hub】
ホイール中心の円筒状の部品の名称。ベアリング、車輪アクスル(車軸)、アクスル支え(軸受)、ハブボディにて構成されている。ハブの固定をクリックリリースで行なうハブも存在する。
ハンドルバー
【handlebar】
グリップ(握り)の付いた棒状の部品。ドロップタイプ、ブルホーン、アップタイプなど様々な形状・そして素材のものがあり、やはりカスタムの対象として人気があります。総称して「ハンドル」と言われます。
フリーコスーターハブ
【Free coaster hub】
別名バックスライドハブと言われ自転車をバックさせた時に、一緒にペダルが回ってしまわないようにするためのハブです。後輪の軸受けに装着されます。フリーコースターハブは、BMXの競技スタイルのフラットランドにおいて特定のトリックを行う際に必要となるもので、一部BMXには当初よりこの「フリーコースターハブ(バックスライドハブ)」が組み込まれています。
フレーム
【Flame tubes】
一般的に自転車車体そのものを意味します、装備品のフォークやディレイラー、サドル、ハンドル、ホイールを取り除いたパイプを溶接し構成された部分のみを指します。
フロントディレイラー
【F/deraille】
フロントに装備された外装変速機。クランク軸上に並行に配置されたスプロケット上にあるチェーンを移動させることで変速を行います。
フロントフォーク
【front fork】
フレームと前輪を支える脚部の意味で針路維持や変更等の役割を果たす自転車部品でも重要な構成物です。ロードバイク等ではフロントフォークの性格や性能によって乗り味が大きく左右させる。
フロントブレーキ
【Front brake】
前輪のブレーキを指します。
フロントライト
【headlight(s)】
前照灯。自車のタイヤが回転する力で発電するもの、電池式のもの、また発光体にフィラメントを用いたもの、LEDを用いたもの、などたくさんの種類があります。
ヘッドセット
【Head sets】
ヘッドチューブ(フレームの頭菅)に取り付けるフォーク操縦管用の玉軸受のセット部を指します。アヘッドはネジ無しヘッドセットを意味します。
ペダル
【Pedal】
クランクに接続された、足を乗せて脚力を回転として自転車に伝えるための「台」。取り付け直径は9/16インチ(ISO規格)が標準ですが、BMXには特殊なサイズを採用したものもあります。走行中に緩まないよう、左側のペダルは「逆ネジ」が採用されています。また、足とペダルがずれると脚力がじゅうぶんに駆動力として変換されないため、足とペダルをずれないようにするための「トークリップ」や専用の靴とはめ込みにより結合できる「結合ペダル」があります。また、ダートやBMX競技には、靴がしばしばペダルから離れるためにトークリップや結合ペダルは競技の妨げとなり、しかし確実に靴とペダルを密着させるようにするため、ペダルにスパイク状のネジを打ち込んだ、またはねじ込んだものもあります。折畳み自転車には、自転車を折りたたんだときに邪魔にならないよう、折りたたみペダルが採用されることもあります。
ポタリング
【Pottering】
【Pottering】 ぶらぶらすること意味し。特に自転車に乗って目的地も定めず気ままに散歩することを指します。

ま行
マッドガード
【Fender】
いわゆる「泥除け」のこと。フロント用、リヤ用があり、車種に応じてタイヤを覆う面積や角度などが異なり、様々な形状のものが存在します。通常、フロントはフォークに、リア側はリアフォークに装着しますが、それぞれフレーム、シートポストに装着するものや、スライド式、最近では空気注入式の製品もあります。
マッドタイヤ
【Mud tire】
MTB 競技などにおいて、泥など特殊な環境下で自転車を操作する必要のある場合に用いられるタイヤ。タイヤ表面の凸凹(ブロック)が大きく、ぬかるんだ路面でもブロックが確実に駆動力を路面に伝えることができるよう考えられています。舗装された路面で使用すると、乗り心地が悪く感じられたり、ロードノイズが大きく感じられることがあります。
虫ゴム 英式バルブ(ウッズバルブ)の空気注入口のパーツの一部で別名ブランジャーとも言われます。タイヤチューブを分解するとゴムキャップ、袋ナットの次にスピンドルの空気注入穴に差し込まれている部品で袋ナットにて固定し空気の逆流を防止する役目を果たします。空気漏れは主にチューブのパンクや袋ナットの寿命が原因と考えられます。

や行
ヤグラ 別名サドルクランプ、サドルとシートポストを連結させているU字型金具を指します。サドルレール(サドル裏面の2本のパイプ)をサドル支柱に挟み菊座ボルトやナット等で締付けて固定されている。この部分の調節でサドルの前後位置や傾き角度の微調節が可能で、お尻とサドル位置が合っていない場合やお尻が痛くなるといった場合にこの部分の調節を行なう事で解消される事が多い。
油圧式ディスク ブレーキレバー-ブレーキキャリパー間の伝達にワイヤーではなく、油圧を使用したブレーキディスク。強力な制動力とコントロール性を得ることができる反面、非常にメンテナンス性が悪いというデメリットを伴います。

ら行
ラジアル組み スポークを交差させず、放射線状に組む方式。スポークが直線的に見えるのでホイールがより大きく美しく見え、ホイール全体の強度が上がりますが、逆に路面からの衝撃をダイレクトに伝える、といったデメリットもあります。
ラチェット
【ratchet】
ラチェットレンチで知られる歯止めや爪車等、一方向の回転のみ力が加わる機構の意。前後違った歯の形状により一方向へは歯の爪が引っかかり反対方向への回転を防ぐ、もう片方は歯によって爪がバネに抗して持ち上げられ滑る構造で(その際にカチャというラチェット音がする)、当社販売車両ではBMX X-9EXⅡのフリーホイール等に採用されています。
リアサスペンション
【rear suspension】
後輪側のサスペンションを指します。
リアディレイラー
【rear derailleur】
後輪ハブ軸上に並行に配置されたスプロケットからスプロケットへとチェーンを移動させるための外装変速機。
リジットバイク
【rigid bike】
サスペンション(ショック)を搭載しない自転車を指します(別名ハードテイルバイク)。主にマウンテンバイク等のオフロード車に対して使われる言葉ですが、主に町乗り用のロードバイク等はサスペンションが無いほうがかえってレスポンスが良いと言われています。弊社クロスバイクはリジッドバイクの部類に入ります。
リフレクター
【reflector】
反射板のこと。前後スポークの他、通常はリヤフォークやシートポスト、ペダルにも装備されます。
リム
【rim】
ホイールの外側のタイヤが乗っかっている円状の金属製部品(スポークを取り付ける穴やバルブを出す穴が開いている金属部品)。主にホイールやタイヤ自体をリムと呼ぶケースが多い。
レボシフター グリップシフト(回転式シフトレバー、グリップシフター)に対するシマノの商品名。
輪行袋 自転車を折り畳み、飛行機や電車、バス、船など公共機関を用いて目的地まで移動しサイクリングを楽しむことを「輪行」と呼びます。輪行袋は、その際に自転車を入れる袋、またはバッグを指します。

わ行
ワイヤ 自転車のブレーキや変速機等をレバーと繋ぐステンレス製の金属ロープ。使用と共にワイヤーの伸びがどうしても生じるため一定期間での調節や交換が必要な部品です。
ワイヤキャップ 上記のワイヤーの先端を覆う金属製円筒形状の部品。ワイヤーは細かな鉄線の固まりの為、先端がほぐれていると身体を傷つける恐れがある為、それを防止する為に取り付けます、取付後はニッパー等で円筒部を潰し外れないようにしている。
ワッシャー ボルトの緩み止めや固着を防ぐ丸い輪っか状の鉄板。ボルト(ネジ)とネジ穴やナットの間に挟み使用します。

このページが気に入ったらいいね!しよう

このページが気に入ったら
いいね!しよう