SUPPORT

サポート

よくあるご質問(回答)

Q.間違えていませんか?クイックリリースレバーの使い方とフロントフォークの向き

A .

①クイックリリースレバーの使い方

スポーツサイクルの場合、工具を使わず容易にシートポスト(サドルの高さ)やホイール(車輪)の固定と開放ができる、「クイックリリース」が採用されていることがあります。 パンク修理やメンテナンスが行い易い反面、使用方法を誤ると重大な事故につながる恐れが有り、非常に危険です。 正しい操作方法をご確認頂きますとともに、乗車前に自転車各部の締め付けに緩みが無いかご確認ください。
 

 

<クイックリリースレバーの調整について>

クイックリリースレバーの締め付けが固く、完全にレバーを倒すことが出来ない場合は、まずレバーを起し開放状態にし、 そのレバーを片側の手で保持したまま、もう片方の手で調整ナットを反時計回りに緩めます。逆に、締め付けが緩い場合は、調整ナットを時計回りに締め付けます。 ※詳しくは製品付属の組み立て説明書をご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②フロントフォークの向き、ブレーキの位置

フロントフォークの前後を間違えるとハンドル操作に支障を来たすばかりでなく、ペダルやクランク、自分の足がタイヤと接触し転倒する恐れが有り、非常に危険です。(※1)
前輪側のブレーキはVブレーキ・キャリパーブレーキの形状を問わず、進行方向の前方に位置します。ディスクブレーキの場合は進行方向に対して左側に位置しますので、 これを基準にブレーキやフォークが正しく取り付けられていることをご確認ください。

※1:スポーツ自転車の場合、正しくフォークが取り付けられている場合でも旋回時にタイヤと自分の足(つま先)が接触することがあります。低速時に大きくハンドルを切らない。旋回方向に対して内側の足を12時の方向に上げる。ペダルの前後真ん中に土踏まずではなく、拇指球が位置するように置く。以上3点に注意してください。但し、ペダルやクランクがタイヤに接触することはありません。フォークの取り付け間違いが考えられます。

ブレーキ位置が画像と異なっている場合、下記の作業で調整を行います。
FAQ:フロントフォークの向きに注意(組み立て手順)

 

 

 

お客様の問題は解決しましたか?
解決しました
解決しませんでした
FAQコンテンツ改善の為、よろしければ解決しなかった要因をお聞かせください。
送信

問題が解決しない場合は・・・
(お問い合わせ・ご質問・ご購入前のご相談など)