SUPPORT

サポート

よくあるご質問(回答)

Q.ハンドルグリップの交換方法

A .

■グリップの劣化

ゴム・スポンジ・樹脂など素材により時期は異なりますが、グリップは時間経過とともに劣化します。 汗・太陽光・暑さ・寒さなど、使用環境によっても劣化具合は異なり、とくにゴムは耐摩耗性とフィット感に優れますが紫外線や高温多湿に劣ります。 グリップが劣化した場合には交換をお薦めいたします。

〔劣化したグリップ〕




■グリップを交換するには

当社製品で使用しているグリップは最も一般的な規格サイズ(ハンドル径22.2mm用)を採用しております。 交換には市販製品がご利用いただけます。ホームセンターや自転車店、当社直販サイトでも販売しております。
まずは自転車のハンドルバー径を確認し、サイズの合うものを選びましょう。 自転車によってはシフターの関係で左右のグリップの長さが異なる場合がございます。

〔準備するもの〕
・パーツクリーナー(石鹸水でも可)
・ウエス(拭取り用の布切れ)
・(ボルト固定タイプの場合)ドライバー、六角レンチ



■交換方法

〔差し込みグリップ〕

①同じ長さのグリップを用意します。
②グリップの端をめくって、すき間にパーツクリーナー(または石鹸水)を差します。
③グリップを抜いた後、ウエスでしっかりと汚れを拭いてください。
④新しいグリップを装着※新しいグリップ内は水浸しにして装着するとスムーズに装着ができます。



お客様の問題は解決しましたか?
解決しました
解決しませんでした
FAQコンテンツ改善の為、よろしければ解決しなかった要因をお聞かせください。
送信

問題が解決しない場合は・・・
(お問い合わせ・ご質問・ご購入前のご相談など)