SUPPORT

サポート

よくあるご質問(回答)

Q.ハンドルが装着できない

A .

一部自転車【80Xシリーズ(旧CROSS)、301、204、601(旧FDM26)等】は、ハンドルをフレームへ差し込む必要があります。お届けの際、自転車を傷つけないよう、ハンドルポスト下端には保護キャップ(画像赤丸)が被せてあります。このキャップを装着したままだと、ハンドルをフレームに差し込むことができませんので、取り付け前にはキャップを外してください。

ハンドルポストをフレームに差し込みヘッドボルトを締めこむと、ハンドルポスト下部のナットが上部にせり上がり、上下斜ウスがハンドルポストとフレームを強固に結合します。またヘッドボルトは、画像のように付属のレバーを使うもの、又は六角レンチを使用するものがあります。

ハンドル装着時に、このヘッドボルトの締め込みがきついと、ナット上斜ウスが上に上がってしまいフレーム内へハンドルポストを差し込むことができません(画像(A)の赤丸部分とフレームとが干渉します)。このような場合はヘッドボルトを緩め、画像(B)の状態のように調整し、フレーム内へハンドルポストが納まるようにします。

なお、自転車を折りたたむ時やハンドルを抜き取る際、レバーもしくは六角レンチでヘッドボルトを過度に緩めるとハンドルポスト先端の固定具(ナット、斜ウス)がヘッドパイプ内に落ち込んでしまう場合がございます。ハンドル自体が緩んできたら、それ以上緩めない様にご注意ください。

お客様の問題は解決しましたか?
解決しました
解決しませんでした
FAQコンテンツ改善の為、よろしければ解決しなかった要因をお聞かせください。
送信

問題が解決しない場合は・・・
(お問い合わせ・ご質問・ご購入前のご相談など)