軽量なフレーム素材(アルミニウム製)


DOPPELGANGER製自転車には、アルミニウム素材が多用されています。
アルミニウムは比重が鉄(スチール)に比べ1/3と非常に軽量で、酸化しにくくサビが発生しにくいという特徴があり、自転車には比較的向いている素材と言えます。
とくに小径車においては、ハンドル周りやシートポストなどにスチールを使用して重心が高くなると、漕ぎ出した時にふらついたり、カーブを曲がる際に不安定になるといった現象が生じ、これを回避するためにDOPPELGANGERでは車体のみではなく、シートポストやハンドル周りにも、極力アルミ素材を使用し、車体上部の軽量化、ひいては低重心化を図りました。
アルミニウム合金にも様々なものが存在しますが、ノーサスペンション車には、その性質を考慮し、柔軟性に優れる6061アルミニウムを選択しています。
なお、すべてのDOPPELGANGERアルミフレームは、熱処理により強度を向上させています。

ロングホイールベース・ディメンション


小径車におけるデメリットとして挙げられるのが、コンパクトさと回頭性の良さの代償とも言える「直進安定性」。
DOPPELGANGERでは、この「代償」に対するソリューションとして、ホイールベースの延長、という解を用意しました。
ロングホイールベースは段差を越える際の姿勢変化(ピッチング)を抑え、フラットな乗り心地をもたらすことに貢献し、ひとクラス上の乗り心地を実現します。

ローグラビティ・コンセプト


一般的に小径車においては、車輪が小さいために地面から車軸までの距離が短く、そして車軸から「上」の距離が長くなります。
これの意味するところは何か。重心が高くなることであり、小径車のデメリットの一つと言われています。
重心が高くなると「頭でっかち」になるため乗車時に不安定となり、とくに漕ぎ出し時においてはそれが「ふらつき」となって現れることがあります。
これを解消するためにDOPPLGENGERが採用するのが「ローグラビティ・コンセプト」。
DOPPELGANGERでは、シートチューブやハンドルステムに軽量なアルミニウムを採用。
これによって、車体上部=高い場所に位置する質量を低減し、構造上どうしても重心が高くなりがちな小径車において、相対的に「低重心化」を実現しているのです。

シマノ製”クロスレシオ”7段変速


大径チェーンホイール(52T)の装備に伴い、リアスプロケットには「クロスレシオ」仕様のシマノ製7段フリーホイールを採用。
一般的な6段変速に“もう1段”を追加し、そのうえで各ギア比を最適化した「クロスレシオ」7段スプロケット採用によって、路面や環境(アップダウン)の変化があろうとも、ギアチェンジを行うことで、踏力の変化を最小限に抑えながら常に安定した姿勢や速度を保つこと、そして効率的な走行を目指しているのです。

アルミニウム合金製軽量シートポスト


軽量なアルミニウム製シートポストには、新しく開発したシートレール保持方法(クレードル)を採用。
確実にシートを固定することが可能になるとともに、部品点数を減らすことで軽量化の達成、整備性の向上、きめ細かなシートポジションの調整が行えます。ま
た、車体上部に位置するパーツであり、この部分の軽量化はミニベロにありがちな「ふらつき」を抑え、漕ぎ出し時やコーナリング時の安定性の向上に寄与します。スチール製シートポストを採用した車種に比べると、その効果は顕著です。

軽量アルミニウム合金製アヘッドステム


差込式(クイル)のステムではなく、拡張性を考慮したアヘッドステムを採用。
アヘッドステムの素材にはアルミニウム合金を使用しています。車体上部にあるパーツに対し、積極的に軽量なアルミニウム製パーツを使用することで、自転車全体の「低重心化」を図りました。
これにより、小径車にありがちな「こぎ出し」「カーブ」でのふらつきを軽減させることを目指しています。
なお、アヘッドステムの採用により、ユーザーによるハンドル/ステムの交換が容易になることはもちろん、DOPPELGANGER「コンフォートライディング」シリーズ各種ステムの使用によっても、より自由度の高いライディングポジションを取ることが可能となります。

軽量アルミ合金製鍛造クランク


クランクに対しても、贅沢なアルミニウム製パーツを採用。
光沢を抑え、傷が目立ちにくい「サンド仕上げ」とし、アイデンテティをアピールするために「DOPPELGANGER」ロゴが入ります。
回転部分に軽量なアルミニウムを採用することで、回転マスの縮小、慣性重量の低減を図り、効率的なペダリングに繋げます。
このような「見ただけでは、それとはわからない」部分であっても、DOPPELGANGERは徹底的に機能・性能にこだわっています。
クランク長は165mmとし、ギア比、タイヤサイズを考慮し、効率的な長さを選択。
なお、クランクは鍛造品(フォージド)とし、強度を確保しています。

ミニマルトレッドデザイン高性能タイヤ


ミニマルトレッドデザインを採用したスマートなルックスが特徴のロードタイヤ。
回転方向指定を持ち、転がり抵抗を最小限に抑えました。
また、アラミドとセラミック層をトレッド面に内蔵することでパンクを極限まで抑える新技術“K-SHIELD”を採用し、高い耐久性を誇ります。
ウオーターグルーブを深く取ることで、雨天走行時には雨水の排出を促進し、安全性にも貢献します。

CNC加工ディープリム


アルミニウム合金製の前後リムは中央部を盛り上げて、走行時にジャイロ効果を生み出す「ディープリム」。
側面から見た時の面積が大きく、アグレッシブな走りを予感させます。

ブレーキシューと接触する箇所にはCNCによる切削加工を施しています。
金属本来の持つ美しい輝きを堪能でき、表面に刻まれた無数のグルーブ(溝)がブレーキシューとの摩擦抵抗を高め、より高い速度域からも安定した制動力を発揮します。

52T大径チェーンホイール


小径車ということを考慮し、よりハイスピードを求めるユーザーのために「52Tチェーンホイール」を標準採用しました。
一般的な「48T」にくらべ8.3%ギア比が高くなり(クランク一回転あたりで進む距離も同様に伸びます)、いずれのギアにおいても速度の向上を体感できます。

シマノ製インジケーター付グリップシフト


信頼性の高い、シマノ製新型グリップシフターを採用。
グリップから手を離さずに瞬時に、かつ直感的に変速を行うことができるよう配慮しています。大型ディスプレイの採用によって現在使用中のギアを容易に認識することが可能。

グロス&マットペイント


折りたたみ部を中心として、前後をグロスペイントとマットペイントで塗装。
光の反射による表情の変化が、FX15の車体に視覚的な奥行きを持たせます。
FXシリーズにおける「対」「コントラスト」を視覚的に再現したデザインでもあります。

強力・軽量Vブレーキ


前後ブレーキにはコントロール性に優れ、強力なストッピングパワーを発揮するVブレーキを採用。構造が簡素でメンテナンスや調整が容易、かつ軽量という特徴を持っています。ブレーキキャリパーそのものにも軽量なアルミニウム素材を使用しています。

ストレートフォーク


フロントフォーク形状は”ストレート”。
路面からの入力をダイレクトに伝えることでライダーに必要なロードインフォーメーションを与え、操作を確実に路面に伝えます。
そのうえで素材には“しなり”を持つスチール鋼を採用することで、操縦性、高い路面追従性と安定性、なによりライダーへの負担低減を実現。
強度を確保しながらもスリムな形状を採用することで軽量化にも配慮しています。

”D"ブロックラバーグリップ


グリップにはDOPPELGANGER®ブランドを現す「D」文字でデザインを加えたオリジナルグリップを採用することで、自転車自体のアイデンティティをより高めています。
凹凸のギャップを大きく取ることで、発汗時などのスリップを最小限に抑えることができるよう配慮しました。
また、素材を従来よりもソフトな素材を使用し、路面からの突き上げによる手首への負担を軽減させています。

モノクローム・ワイヤリング


各部に用いられるワイヤーはコンセプトカラーに合わせ、ホワイトとブラックを使い分け。
車体色とのコーディネートにより、統一感を高めるほか、ここでも「対」「コントラスト」というコンセプトが反復されます。
「パーツ単位で」セレクトを行い、デザインを行うドッペルギャンガーならではの装備です。

固定式軽量ペダル


折りたたみペダルに比べてペダル軸が長く、強度に優れる固定式ペダルを採用。
折りたたみペダル比で片側約20%(45g)の軽量化を達成しました。
回転部分の軽量化はペダリング時の効率的なパワー伝達を助け、ペダリングロスを最小限に抑えることを可能にします。もちろんペダルはJISの定める強度試験をクリアしています。

KMC製チェーン


駆動力を伝えるチェーンには、世界130カ国での採用実績や、高いOEM実績を誇るKMC製を採用。脚力を的確に駆動力に変換することを目的としています。

カセット式BB


従来の分割式に替え、密閉型の「カセット式」を採用。カセット式は組み立てが容易で製造誤差が出にくく、密閉式であるために組み立て時に異物を噛みにくいばかりか、使用を開始したのちも灰塵などが混入しにくく、長期にわたって高性能を発揮できることが特徴です。また、BBの交換自体も容易であり、整備性にも優れます。目に入る部分ではありませんが、製品の品質、そしてユーザーの利便性を第一義に考え、「そこにユーザーのメリットがあれば、たとえ目に触れない部分であってもコストを投入する」というDOPPELGANGER®のポリシーが表れた、こだわりのパーツです。




  • レビュー投稿の信頼性を高めるため、各種SNSアカウントとの連携、もしくはEメールアドレスのご登録が必要です。
  • ご登録いただいたメールアドレスが公開されることはありません。
  • 商品に関するご質問・お問い合わせは、当レビュー機能では対応いたしかねます。こちらの弊社製品サポート窓口までお問い合わせください。
  • このページが気に入ったらいいね!しよう

    このページが気に入ったら
    いいね!しよう