販売中

MIDDLE SCOOTER COVER

ミドルスクーターカバー

DCC500-BK

ミドルスクーターにはミドルスクーター専用のカバーを。ガバガバの汎用カバーには我慢できないライダーにおくる、ミドルスクーター専用のバイクカバー。

※商品説明のため、画像の一部を加工しています。

人気の高いミドルスクーターには専用設計されたバイクカバーがほとんどありません。軽快かつスタイリッシュ、そして気軽に毎日乗れるミドルスクーターだからこそ大事にしたい。一般的なオートバイ用の汎用設計で作られたカバーを無理に使っているミドルスクーターユーザーに提案する、ミドルスクーターにぴったりの専用設計カバーです。

製品画像
ミドルスクーターカバー画像

ミドルスクーターカバー
DCC500-BK

ミドルスクーターカバー画像

収納時

取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

ハンドルロックに対応した立体設計。

ほとんどのバイクカバーはハンドルをフルロックさせない「正立状態」で設計されているため、フルロックで駐輪するとカバーが大きくねじれてしまいます。このねじれを解消し、不要な生地のだぶつきをなくすために、ミドルスクーターカバーはハンドルロックした状態を前提に立体設計しています。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 主な特徴

センタースタンド・サイドスタンド どちらの停車でもスタイリッシュ。

ユーザーによって駐輪の状況やスタイルは様々。十分なスペースがなくセンタースタンドで正立させる場合もあれば、サイドスタンドのほうがいい場合もあります。しかし、カバーの寸法をいずれかの駐輪スタイルに合わせれば、一方が合わなくなります。ミドルスクーターカバーは独自の調整機構によって、どちらのスタンドの利用時でもスタイリッシュにカバーできます。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 主な特徴
DCC500-BK ミドルスクーターカバー 主な特徴の補足

センタースタンド

センタースタンドでの駐輪時は車体を垂直に自立できるため、左右のバイクカバーの全長は同寸法が理想です。カバー左側面に設ける調整ファスナーを開放すると、左右カバーの全長が同じに設定できます。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 主な特徴の補足

サイドスタンド

サイドスタンドは車体がスタンド側に傾いた上体で自立するため、スタンド側のカバーの生地に余りができます。調整ファスナーを閉鎖すればスタンド側の全長を縮小でき、生地の垂れ下がりを防止できます。

リアボックス装備車用の拡張機能。

ミドルスクーター購入後に追加することが多いリアボックス。リアの高さが上がってしまうため、それまで使っていたバイクカバーではリア周りをカバーできなくなります。そんな場合でも、ミドルスクーターカバーは「リアボックスエクステンション」でリアボックスの追加に対応でき、ボックスを外しているときでもスマートにフィットします。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 主な特徴
DCC500-BK ミドルスクーターカバー 主な特徴の補足

非積載装備車

リアボックス非装備車は、リアボックスエクステンションを収納した状態でカバー。カバーはダブつかずスタイリッシュに保管できます。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 主な特徴の補足

リアボックス装備車

リアボックス装備車は、リアボックスエクステンションを展開した状態でカバー。リアボックス対応の専用設計に変化します。

スクーターの設計に合わせた難燃素材採用部。

乗車後、高熱となるマフラー付近は、干渉による内部カバーの溶解を防ぐ300度の耐熱性素材を採用します。スクーターは一般的なオートバイと比べて、エンジンの位置や構造が異なるため、スクーターのエンジンやマフラーの位置など洗い出し、耐熱が必要とされる場所に難燃素材を採用したスクーター専用設計です。難燃素材は高さも広範囲に設定することで、アップマフラーなどのスポーツマフラー装備車にも配慮しています。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 主な特徴
製品特徴 FUNCTION
各部の特徴
DCC500-BK ミドルスクーターカバー 各部特徴画像

耐水圧 3000mm

一般的なバイクカバーはもちろん、標準的なテントを超える耐水圧3000mmでバイクを風雨から守ります。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 各部特徴画像

ロック用貫通ホール

U字ロックなどを通して、カバーの上から施錠が出来るロック用貫通ホールをリアホイール側に設置します。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 各部特徴画像

前後アジャストバンド

カバーの前後にはゴムバンドを設置。スクーターとのホールド感を高め、風によるカバーのめくれ上がりを防止します。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 各部特徴画像

ハンガーループ

不使用時はカバーを吊っておけるハンガーループを3ケ所に設置。濡れたカバーを乾かしたり、保管に困るバイクカバーをスッキリ保管することができます。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 各部特徴画像

自立式ベンチレーション

各部ベンチレーションはテントに採用されるEVA 支柱を採用。開口状態が維持できるので、一般的なバイクカバーと比べカバー内部の換気性能が向上します。

DCC500-BK ミドルスクーターカバー 各部特徴画像

車体固定ベルト

強風によるカバーの吹き飛びを防止する固定用ストラップ。バックルを接続するだけの簡単操作。バタつき抑制にも効果があります。

画像 PHOTO
製品画像
ミドルスクーターカバー画像

ミドルスクーターカバー
DCC500-BK

ミドルスクーターカバー画像

収納時

サイズ感イメージ
ミドルスクーターカバー画像

YAMAHA NMAX

ミドルスクーターカバー画像

HONDA PCX

スペック SPEC
製品サイズ
DCC500-BK ミドルスクーターカバー サイズ画像

スペック
カラー ブラック
希望小売価格 オープンプライス
原産国 中国
サイズ W:140cm(最小)-170cm(最大)
D:フロント70cm/リア46cm
H:フロント115cm/リア40cm(最小)-80cm(最大)
※製品実寸
製品総重量(付属品含む) 700g
耐水圧 3,000mm
材質 ポリエステル
JANCODE 4589946140828
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • 本製品とその他のDOPPELGANGER製品には、互換性や適合性の可否があります。ご購入前に必ず各製品のサイズや仕様をご確認ください。
  • 当サイトに記載されている製品の外観・仕様は開発中または改良のため、予告なく変更することがあります。そのため実際の製品と異なる場合があります。
  • 高温・多湿の環境で長時間、他の素材と密着させると、色移りが生じる可能性があります。
  • 乗車後エンジン・マフラーの熱が十分に冷めてからご使用ください。製品が破損する場合があります。 取扱説明書
よくあるご質問
更新情報
  • 2018/8/27 製品ページを公開しました。
取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

メディア掲載 MEDIA
2019-01-06
雑誌
「モトモト」で「DOPPELGANGER® ミドルスクーターカバー DCC500-BK、が協力しています。
別売オプション OPTION
関連おすすめ製品

このページが気に入ったらいいね!しよう