販売中

COLOSSAL CAPACITY SADDLE BAG

超大容量サドルバッグ

DBS406-DP

小径車特有の車輪上スペースを有効活用する、超大容量サドルバッグ。

超大容量サドルバッグは、小径車の特性であるサドル下からタイヤまでの大きなクリアランスを活かしたバッグです。サドル下のバッグの側面にポリプロピレンのボードを備え、走行中太ももにバッグが当たりにくくなっています。ロードバイクを用いたアクティビティとして近年注目されている「バイクパッキング」ですが、必ずしも大径車のみにとどまる必要もなく、 小径車にしかできない「バイクパッキング」のスタイルがあってもいいのではないかと考えます。テントや食料などを大型バッグに収納し、面ファスナーなどを用いてフレームに簡単に固定するだけで、バイクツーリング(自転車キャンプ)に出かけることができるバイクパッキング。 普段通勤・通学に用いている小径車に、荷物積載用のキャリアを取り付ける必要がないことが魅力の1つです。

取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

ロングライドに必要な荷物が十分収まる大容量設計

ロングライドには、衣類、食料、自転車修理キットなど、たくさんの荷物がつきもの。そんなたくさんの荷物を収納し、しっかりと運べる大容量サドルバッグです。
内容物の一例:防寒着(ウィンドブレーカー、ハーフパンツ)/ シューズカバー / 着替え / 靴下/ 防寒グローブ / アームウォーマー / サングラス / 簡易ロック / 財布 / モバイルバッテリー / 交換用チューブ / タイヤレバー / 簡易工具 / 輪行バッグ / 補給食 / クリートカバー

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 主な特徴

大容量でも太ももにあたりにくい、独自の形状維持構造

バッグの側面にPPボードを装備しサドル下の膨らみを抑え、ペダリングしてもバッグが太ももに当たりにくくなっています。底部のPPボードが荷物を支え垂れ下がりを防止します。底部のPPボードはポケット挿入式になっていて取り外しができます。

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 主な特徴
DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 主な特徴の補足

サドル下に収まる薄型設計

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 主な特徴の補足

ペダリングに影響しないシェイプ形状

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 主な特徴の補足

両側面、底面部のPPボードで強度を確保

製品特徴 FUNCTION
各部の特徴
DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 各部特徴画像

収納量に合わせてサイズ調整できる可変機構

衣類の出し入れや食料の増減、収納量は時に大きく変わります。 そんな時は絞りを使うことで、バッグの余分なスペースを調整することができます(3~17リットル)。

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 各部特徴画像

バッグ外に設けた収納スペース

バッグの中に入れたくない濡れた衣類、長いテントポールなどはバッグ上部のバンジーコードを利用し固定することができます。夜間にはバンジーコードに挟むなどしてテールランプを取付けてください。

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 各部特徴画像

軽量で防水性と強度に優れるファブリック

軽量性、防水性、強度に優れるファブリックを選択。リップストップナイロン素材に防水性を高めるPVCコーティングを施した特殊生地を採用。

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 各部特徴画像

視認性を高める反射素材&反射プリント

サドルバッグの随所には夜間走行において、光の反射によって自転車の存在を車などから分かりやすくする反射素材を採用。夜間走行時に事故に巻き込まれるリスクを低減します。

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 各部特徴画像

サドルとシートポストの2点固定式

サドルレールとシートポストにベルト固定する2点固定方式。シートポスト固定用ベルトの設置面にはアンチスリップPVC素材を用いて、自転車本体とのグリップ力を高めています。

DBS406-DP 超大容量サドルバッグ 各部特徴画像

小物収納用ポケット

頻繁に取り出す様なアイテムや、小さなアイテムへのアクセスを容易にするため、収納ポケットを設けています。

画像 PHOTO
製品画像
超大容量サドルバッグ画像

超大容量サドルバッグ
DBS406-DP(ブラック)

推奨クリアランスについて

バッグの取り付けに際して、シートレールからタイヤのクリアランスが必要となります。

※ クリアランスが走行中に大きく変動するリアサスペンション搭載車などについて、記載の推奨クリアランスは適用されません。

超大容量サドルバッグ推奨クリアランスについて画像
付属PPボードの挿入について

走行中にバッグが太腿に当たらないように、本製品は側面と底面に硬質PPボードを入れてバッグの形状を保ちます。 バッグの形状を保つ為に側面のPPボードが底面のPPボードに密着するように隙間のないタイトなサイズになっています。 また、内部でズレないように、PPボードにはスベリ止めのパイピング加工が施されています。 以下の手順で無理せずにゆっくりと付属のPPボードを底面に入れてください。

※ 側面のPPボードは最初から装着済みです。
※1 ポケットを破らないようにゆっくり入れて下さい。
※2 入りにくい場合はPPボードが斜めになっていることが多いです。もう片方の手で外側からバッグの形を整えながら、押し入れてください。
※3 最初は面ファスナーが2~3mm程度閉まれば完了です。
※4 ご使用中に布の緩みが出ましたら、更にPPボードを奥に押込んでください。PPボードにより常にバッグが張るようにしてください。

超大容量サドルバッグ付属PPボードの挿入について画像

1:シートポストに巻きつける面ファスナーを外します。バッグ内部に手を入れて全体の形を整えます。

超大容量サドルバッグ付属PPボードの挿入について画像

2:バッグ内部底面のPPボードが入るポケットの面ファスナーを開き、PPボードのツルツル滑る面を下向きにポケットに挿入します。

超大容量サドルバッグ付属PPボードの挿入について画像

3:オレンジ色のポケット生地を掴みながら手のひらでボードをゆっくり押し込みます。※1

超大容量サドルバッグ付属PPボードの挿入について画像

4:ある程度入ったらPPボードを掴んだまま、もう片方の手でバッグの外側の生地を掴み更に押し入れてください。(3)と(4)を繰り返し行い、徐々にPPボードをいれてください。※2

超大容量サドルバッグ付属PPボードの挿入について画像

5:面ファスナーでPPボードの後部を固定することにより、バッグの形状を保ちます。※3

超大容量サドルバッグ付属PPボードの挿入について画像

6:バッグの内側を返し、面ファスナーを完全に閉めます。※4

スペック SPEC
スペック
カラー ブラック
希望小売価格 オープンプライス
原産国 中国
サイズ W72×L(D)14.5×H22cm(最大時)
製品総重量(付属品含む) 600g
容量 3~17L
静止耐荷重 8Kg
材質 ナイロン(PVCコーティング)・ポリエステル
JANCODE 4589946139044
  • 製品等の色は、ご使用になるモニターや、設定によって若干の違いが発生する場合があります。
  • 製品改良のため予告なくデザイン・仕様を変更する場合があります。
  • サイズ・重量などの数値には若干の個体差があります。
  • 本製品とその他のDOPPELGANGER製品には、互換性や適合性の可否があります。ご購入前に必ず各製品のサイズや仕様をご確認ください。
  • 当サイトに記載されている製品の外観・仕様は開発中または改良のため、予告なく変更することがあります。そのため実際の製品と異なる場合があります。
  • 製品には防水性を持つ布地を使用していますが、縫い目やファスナーから水漏れする可能性があります。長時間の雨等にはご注意ください。
よくあるご質問
更新情報
  • 2018/1/30 製品ページを公開しました。
取扱い販売店 SHOPS

※リンク先の販売店様で旧仕様のものを販売している場合がございます。あらかじめ各販売店様へご確認の上、お買い求めください。
※Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

メディア掲載 MEDIA

メディア掲載情報はありません。

別売オプション OPTION

このページが気に入ったらいいね!しよう