重量わずか72g。ハブ軸固定式のカーボン製シャフト採用マッドガード
※DA025MGのシャフトはアルミニウム製。重量は105g

重量わずか72g。ハブ軸固定式のカーボン製シャフト採用マッドガード
※DA025MGのシャフトはアルミニウム製。重量は105g


DA025MG
DA025MG(20インチ用)
DA026MG
DA026MG(700c用)


”泥除け”という実用品の範疇に留まらず、いかに軽く、そして美しく車体を飾るかにコンセプトを置いたマッドガードDA025MG/DA026MG。
軽量コンパクトな本体を、専用ブラケットで前後輪のハブ軸に固定します。

タイヤをカバーするマッドガード本体は3D構造を持っており、最小の面積ながらも効果的にタイヤをカバー。
内側には跳ね上げた水を効率よく地面へ落とすための溝”ウオーターガイド”も装備しています。
さらには様々な寸法の自転車に取り付けても常に最適なマッドガードの角度を保持できるよう、シャフトとマッドガードとの結合には”フレキシブルジョイント”を採用。微妙な角度調整も可能となっています。

また、700cサイズ向けマッドガードには、より軽量で視覚的にもスポーティーさを感じさせるカーボン素材を採用。
取り付け方法、素材、構造。すべてにこだわった、「取り付けることで車体がグレードアップしたかのよう感じる」新世代マッドガードの登場です。

※前後輪で同時使用するには、2セット必要です。


”泥除け”という実用品の範疇に留まらず、いかに軽く、そして美しく車体を飾るかにコンセプトを置いたマッドガードDA025MG/DA026MG。
軽量コンパクトな本体を、専用ブラケットで前後輪のハブ軸に固定します。

タイヤをカバーするマッドガード本体は3D構造を持っており、最小の面積ながらも効果的にタイヤをカバー。
内側には跳ね上げた水を効率よく地面へ落とすための溝”ウオーターガイド”も装備しています。
さらには様々な寸法の自転車に取り付けても常に最適なマッドガードの角度を保持できるよう、シャフトとマッドガードとの結合には”フレキシブルジョイント”を採用。微妙な角度調整も可能となっています。

また、700cサイズ向けマッドガードには、より軽量で視覚的にもスポーティーさを感じさせるカーボン素材を採用。
取り付け方法、素材、構造。すべてにこだわった、「取り付けることで車体がグレードアップしたかのよう感じる」新世代マッドガードの登場です。

※前後輪で同時使用するには、2セット必要です。

製品特徴

外観を損なわないシンプルな仕様

泥除けパーツとしての実用性を意識するあまり、従来型マッドガードでは「美しさ」「重量(軽さ)」といった自転車のトータルコーディネイトを検討する上で大切な要素が軽視されがちです。 故に、車体コンセプトにそぐわないマッドガードはあえて装備しないというライダーも少なくありません。


DA025MG、DA026MGは従来型マッドガードにおける形状、素材、取り付け方法の再検討し、前出のデメリットをケアする製品デザインを施しています。


カーボン素材による、重量わずか72gの軽量設計 ※DA026MGの場合

本製品は、マッドガード部、ステイ部、ブラケット部の3つのパーツで構成されています。製品コンセプトである「美しさ」「軽さ」を実現するため、各パーツは可能な限り細く、コンパクトにまとめた「軽量設計」にこだわっています。

ステイ部のみ、製品毎に素材を変えています。取り付け対象となる自転車の使用用途に合わせて、最適な素材のチョイスにこだわっています。 20インチ向けDA025MGは、強度、耐食性に優れたアルミニウム6061を採用し、より街乗り自転車に特化させました。カラーは上質さを表現するマットブラック(つや消しブラック)で仕上げています。軽量さを求めつつも、車体との連続性を感じさせる質感を重視しています。 700C向けDA026MGのステイ素材は、軽量かつ衝撃吸収性に優れ、今やレース仕様車の定番素材となったカーボン。特にロードバイクユーザーの間で、「重い」ことを理由にマッドガードが敬遠される風潮がありますが、DA026MGの重量はわずか72g。「軽さ」を重視するライダーも納得の仕様を目指しました。


効率的な水切りロジック

従来型よりも効率的な水切りロジックを与えることで、DA025MG、DA026MGはマッドガード面積のコンパクト化に成功しています。

従来型では、例えば後輪の場合、ブラケットをシートチューブ等に固定し、そこからタイヤに向けてマッドガードを伸ばす、という構造が主流です。 この手順では、ブラケットからタイヤまでのクリアランスをカバーするため、マッドガード部は大きく包み込むような形状を取る必要があります(下図参照)。対して、ハブ軸固定式のDA025MG、DA026MGでは、最短のステイ長でタイヤをカバーできるため、マッドガード面積は最小限に留めることができます。

裏側(タイヤ側)には、独自形状の水切り機構を施していますので、跳ねあげた水を効率良く両サイドに捌くことが可能です。


簡単脱着 (クイックリリース仕様の場合)

クイックリリースレバーを装着している車体であれば工具を使わずに脱着することが可能です。 必要なときだけ装着し、普段の乗車時には簡単に取外しすることができます。


調整可能なステー長

ステー部分は自由にカットでき、お好みの長さに合わせ取り付けていただくことが可能です。車軸からタイヤまでの長さが短いものに関しては、長さを調整し、ご使用ください。


マッドガードをスタイリッシュにカスタマイズ

タイヤのカラーに合わせてカッティングシールを貼ることでマッドガードをスタイリッシュに魅せることができます。(※ステッカーはお客様ご自身でご用意ください。)





取り付け方法



ハブナット式の自転車をご利用のお客様


1. 車軸に取り付けられた外側のボルトを取り外します。

2. 車軸にマッドガードのブラケット部先端を通し、取り外したボルトを締め直します。

3. ブラケット部のビスを緩め、ステー長を調節し、マッドガード部とタイヤのクリアランスを調整します。(タイヤの中心線と平行であることを確認してください。)

4. マッドガード部のビスを緩め、マッドガードとタイヤが平行になるように調整します。
下部 画像の角度になるように調整して完了です。(タイヤの中心線と平行であることを確認してください。)


クイックリリースレバー車種をご利用のお客様


1. クイックリリースレバーを緩め、ハブ軸から抜き取り、抜いたレバーを左側からハブ軸に差し込みます。

2. 車軸にマッドガードのブラケット部先端を通し、取り外したボルトを締め直します。

3. ブラケット部のビスを緩め、ステー長を調節し、マッドガード部とタイヤのクリアランスを調整します。
(タイヤの中心線と平行であることを確認してください。)

4. マッドガード部のビスを緩め、マッドガードとタイヤが平行になるように調整します。下部 画像の角度になるように調整して完了です。


対応タイヤサイズ

〔DA025MG〕
(経)20インチ (幅)〜1.75インチ

〔DA026MG〕
(経)700c  (幅)〜25mm

*リアディレイラーガードが付属している車体の場合は、取り付け時にディレイラーガードおよび固定ボルトを取り外していただき、
付属のボルト にてブラケット部と車体を固定してください。
(固定力が増しますが、角度調節ができなくなりますので必要に応じて固定してください。)

マッドガード 取り付けの推奨角度

取り付け推奨角度

取り付け推奨角度2


梱包サイズ DA025MG:W320mm × H50mm × D75mm
DA026MG:W340mm × H35mm × D55mm
重量 DA025MG:105g
DA026MG:72g
カラー ブラック
材質 マッドガード:ABS樹脂
ステー:アルミニウム(DA025MG)、カーボン(DA026MG)
ブラケット:ステンレス
JAN CODE DA025MG:4582143468290
DA026MG:4582143468306
カートン入り数 DA025MG:50
DA026MG:100
カートンサイズ DA025MG:W660mm × H290mm × D410mm
DA026MG:W570mm × H390mm× D365m
固定方法 ハブ軸固定型

製品寸法

走行前のご注意


・トゥオーバーラップ(つま先とマッドガード部の接触)を防止するため、本製品をフロントタイヤにて使用する場合は、つま先でペダルをこぎ、急ハンドルを避けてください。

・走行前に本製品が車体にしっかり固定されているか、タイヤに接触していないか確認し、必要に応じて調整してください。



  • レビュー投稿の信頼性を高めるため、各種SNSアカウントとの連携、もしくはEメールアドレスのご登録が必要です。
  • ご登録いただいたメールアドレスが公開されることはありません。
  • 商品に関するご質問・お問い合わせは、当レビュー機能では対応いたしかねます。こちらの弊社製品サポート窓口までお問い合わせください。


  • このページが気に入ったらいいね!しよう

    このページが気に入ったら
    いいね!しよう